Interview with Rupert Piggott | Mizenka Blog

photo-3-(3)

*Image above: “Purgatory” by Rupert Piggott.
* ルパート・ピゴットの「Purgatory」(上記画像)

We have interviewed the Barbadian artist Rupert Piggott, who spoke with us about his artworks and goals. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Rupert-Piggott

バルバドスの画家ルパート・ピゴットにインタビューしてみました。作品のことや目標について語っていただきました。彼の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。

http://www.mizenka.com/jp/artist/Rupert-Piggott

*日本語の投稿は英語の後に続きます。

IMG_0781

*Image above: Photo of Rupert Piggott painting his artwork.

What kind of artworks are you currently working on?  

Presently, I spend most of my time on commissions, which allow me to fund other works. I am also producing new works with resin, Perspex and some works with torn and ripped canvas.

How do you like to work?  Do you like to produce artworks at a particular place or time?  

I work mostly at my studio, and work any time: day or night. Recently, I have done a few “Artist in action” live paintings for one of our local galleries here in Barbados.

Do you think your artworks have changed over the years, and if so, how and why?

Yes, my works have changed over the years. Mostly the changes have happened as a result of life experiences and my growth spiritually. Additionally, I feel that my creativity and inspiration develops with the discovery and use of unusual materials and techniques. Materials I have used or experimented with are mostly for creating a texture, such as artworks using sand, card and wood chips, fiberglass fibers and coconut fiber, tree branches and gold leaf. Also, an unusual technique I have used is, instead of finishing with varnish I used it as a medium.

What are your goals as an artist?  What would you like to accomplish?

I have three goals:

Firstly, constant reinvention and production of quality works;

Secondly, to produce an exhibition in Japan; and

Thirdly, a long term goal I have is: I have been seeking investors to assist with providing a home for our national art collection in Barbados; I envision that this space would also have a gallery and studio spaces for artists of all genres and nationalities.

Do you have a message to our readers?

“When words fail, art speaks.”

IMG_0966

*上記画像:ルパート・ピゴットのアトリエ風景

Q: 現在どのような作品に取り組んでいますか。

A: 現在ほとんどの時間は委託された作品の制作に費やしています。その資金により、他の作品の制作に取り組むことができます。また、現在樹脂やパースペックスを使用した新作、そして破れたキャンバス•ちぎれたキャンパスを使用した作品も制作しています。

Q: どのように制作するのが好きですか。特定の場所や特定の時間帯に制作するのが好きですか。

A: 私はほとんどアトリエで制作をしています。時間帯は日中または夜、どの時間帯でも制作します。最近地元バルバドスのギャラリーのために、「Artist in action」ライブ•ペインティングをいくつか実施しました。

Q: 作品の作風は時の流れとともに変化してきたと思いますか。どのように変化し、なぜ変化しましたか。

A: はい、作品の作風は時の流れとともに変化してきました。私の人生経験と精神的な成長が、作風の変化をもたらしたのです。また、珍しい素材やテクニックの発見•使用により、私の創造性やインスピレーションが発展するのだと感じています。あるテクスチャーを生み出すために、例えば、砂、カード•木材チップ、ファイバーグラスの繊維•ココナッツの繊維、木の枝や金箔等といった素材を使用した作品を制作し、試してきました。また、今まで使用してきた珍しいテクニックとして、ニスで絵画を仕上げるのではなく、それを素材として使用したこともあります。

IMG_0101

画像:ルパート・ピゴットの絵画制作風景

Q:アーティストとしての目標は何ですか。

A: 私には3つの目標があります。

1つ目は、絶え間ない改革と質の高い作品の制作。

2つ目は、日本で個展をすること。

3つ目は、長期的な目標として、バルバドスのナショナル•アートコレクションを収蔵できる場所の提供を支援していただける投資家を探しています。そのスペースは、すべてのジャンルと国籍のアーティストのために、ギャラリーとアトリエも備えた場所であることを想定しています。

Q:読者の方々へ、メッセージを一言お願いできますか。

A: 「言葉で思うように表現できない場合、アートが語ってくれるのです。」

 

 

Tags: , , , , , , , , ,

Please be polite. We appreciate that. Your e-mail address will not be published and required fields are marked.