Interview with Noriko Nagano | Mizenka Blog

Trace-of-wind-1-no-lines

*Image above: “Trace of Wind 1″ by Noriko Nagano.
* 永野のり子の「Trace of Wind 1」(上記画像)
*日本語の投稿は英語の後に続きます。

We have interviewed the Japanese artist Noriko Nagano, who spoke with us about her artworks. Her works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Noriko-Nagano

What themes do your artworks portray? Why do you portray such themes?

The themes of each of my artworks have changed over the years. However, recently I discovered that there is one theme that remains unchanged among those themes: It is “life and death”.

What do you like the most about your artworks? I understand that you draw while travelling; where is your favorite destination to travel?

What I like the most about my artworks is, when I have an artwork or a part of an artwork that expresses the color of “light” to my satisfaction. When travelling both international and domestic, I am attracted to waterside scenery.

永野 画像

*Image: Photo of Noriko Nagano painting her artwork.

What type of medium do you often use? Why do you like such medium?

I paint most of my artworks on washi paper. Washi itself is a beautiful artwork, and I also use other rich mediums such as watercolor and mineral pigments.

Can you tell us what type of artworks you are currently working on?

I am painting memories that anyone may have, on top of scenery that can be seen anywhere.

Where and when do you like to produce your artworks?

I produce my artworks at my studio in Shonan. I like to produce my artworks in the middle of the day on a sunny day, when I can distinguish the delicate differences of lightness among light colors.

Do you have a message to our readers?

I hope to produce artworks that will enable the viewers to relate to their own emotions when they see my paintings.

永野画像* 画像:永野のり子の絵画制作風景

画家の永野のり子さんにインタビューをし、作品のことについて語っていただきました。永野さんの作品は以下のリンクでご高覧いただけます。

http://www.mizenka.com/jp/artist/Noriko-Nagano

Q:絵画を描く中で追求しているテーマは何ですか。なぜそのテーマを追求していますか。

A: 個々の作品のテーマは変化し続けてきました。しかしその中に変わらない部分が在って、それが「生と死」だということに最近気づきました。

Q:ご自身の絵画で一番好きなところは何ですか。また、 永野さんは旅をしながら描かれるようですが、旅先として好きな場所はどこですか。

A: 納得できる「光」の色が表せた作品または部分が一番好きです。海外も国内も水辺の風景に惹かれます。

Q:絵画を描く際に良く使う素材は何ですか。なぜその素材が好きですか。

A: ほとんどの作品は和紙に描いています。和紙そのものが美しい美術品ですが、水彩や岩絵の具等豊富なメディアを受け容れる耐性もあります。

Q:現在どのような作品に取り組んでいますか。

A: 何処にでもあるような風景の上に、誰にでもあるような記憶を重ねています。

Q:どのような場所や時間帯に制作するのが好きですか。

A: 湘南のアトリエで制作しています。淡い色彩の微妙な明度差をはっきり見分けられる晴れた日の日中が好きです。

Q:読者の方々へ、メッセージを一言お願いできますか。

A: 見る人が自分の思いを画面に重ねられるような作品に出来たらと思います。

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , ,

Please be polite. We appreciate that. Your e-mail address will not be published and required fields are marked.