1こんにちは、陶芸家の今井です。今回は最近あった出来事をお話しさせていただこうと思います。

蟹盃の話

写真①新作の蟹碗と蟹盃。

二年前、日本橋三越で開催された現代作家茶碗特集に初めて出品した“蟹碗”。作った当初は売る目的よりも見て頂くものとして少しでも話題になればと思い制作したものでしたが意外に受け入れられまして、今までに作ったものはすべて売約になっています。今回は“蟹盃”を作ってみました。題名はシンプルに“蟹”として自由に飾ったり使ったりしていただけるようにしました。決して器としては使いやすくないですがなかなか可愛らしい作品になったと思います。こちらも皆さんの反応が気になるところです。

2特注の真田紐の話

写真②③特注の真田紐

私の作品は蟹や花などとても壊れやすいデリケートな作品です。持ち運びの時は段ボール箱に緩衝材を入れて持ち運びますが最終的には桐箱に入れなくてはいけません。この桐箱への出し入れの時が一番危険です。3色々注意喚起をするにはどうすればよいだろうと考えましてこの際警戒色の規制線のような真田紐を作ることにしました。特注で真田紐を作る場合まず糸の色見本の中から色を選び染色屋に色を染めてもらいます。それから真田紐屋に紐のデザインを伝えて織ってもらいます。2か月で自分だけのオリジナルの真田紐が出来上がりました。これから特にデリケートな作品を中心に使おうと思います。

4アカモンガニの話

写真④レストランのマスターにもらったアカモンガニ

写真⑤観賞魚店から送られてきたアカモンガニ5

写真⑥下の作品は初めてのアカモンガニ

アカモンガニという八重山諸島でとれる蟹を辰砂やキン窯で表現したいと思いどうにかアカモンガニを手に入れたいと色々な所へ問い合わせをしましたがなかなか見つかりません。色々な方に尋ねていると以前行ったことのあるレストランが偶然お持ちで制作のためなら差し上げますと言って譲っていただきました。その後1か月ぐらいし6てこの前問い合わせをした観賞魚店からもアカモンガニを入荷したと連絡があり、水槽を用意して飼うことにしました。生きているものも死んでいるものも両方あるととても制作には良いです。試しに二点制作しましたがなかなかいいモチーフでこれから良い作品ができるのではないかと期待しています。

今井完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

Tags: , , , , , , , , , , ,