_P5A5372

*上記・下記画像すべて:永野のり子作「 WATER TONE 」

*All images above and below are from Noriko Nagano’s new series “WATER TONE”

_P5A5379

永野のり子さんの新作「 WATER TONE 」をご紹介します。

Please see Noriko Nagano’s new artworks “WATER TONE”.

_P5A5358

5年ほど前から水辺の写生を繰り返し行って来ました。それらのスケッチが記憶の断片としていくつも重なってひとつの作品になり、それはどこにでもあるような、またどこにもないような抽象的_P5A5425な風景です。新作ではそうした水の風景から”TONE”(音)が響いて来るような画面を模索しました。一本の静かな弦の響きから成る作品もあれば交響曲のように重なり合う響きを意識した作品もあります。絵画という静止した平面の中に楽譜のように時間の流れを、いつまでも響き続ける流れを表出したいと思います。

永野のり子

_P5A5383

ノコギリガザミ

上記画像: 今井完眞作のノコギリガザミ

オカヤドカリ

左記画像: オカヤドカリ

陶芸の今井です。今回は石垣島でのモチーフ探しについてのお話です。7月28日~8月4日の間に石垣島へ行きました。石垣島での取材は今回が2回目で、親戚の方の別荘に泊めていただいています。

下記画像: 珊瑚礁て捕まえたウモレオウギガニ

場所は吉原という所で、空港や街と離れている石垣島の中でも自然豊かなところです。前回は2010年に訪れて椰子蟹を見つけようと、毎晩車で島中の浜辺を探しました。珊瑚礁で捕まえたウモレオオギガニ石垣島の浜辺には本当に多くの生き物がいて、人の小走りぐらいの早さで走る蟹や普段見慣れた沢蟹を何倍にも大きくしたような蟹がいます。静かにしていると、落ちている大小様々な貝がぞろぞろ動いていて、それらはすべてヤドカリです。椰子蟹はアダンという果実が好きなようで、アダンの木を特によく探しました。しかし、結果的に道路脇で見つけた時は驚きました。当時椰子蟹は保護動物ではありませんでしたので、自宅へ持ち帰りよくよく観察し制作しました。やはり椰子蟹の制作は難しく、3回目の制作でやっと道路脇で見つけた時の、少しおどろおどろしく威圧感のある印象に近づけることができました。

今回もヤシガニに出会いました

左記画像: 今回もヤシガニに出会いました。

前回同様今回も様々なモチーフを見つけ作品制作に生かそうとしていますが、今回私が見つけたかったものはノコギリガザミという蟹です。英語ではマングローブクラブといいマングローブに生息しているそうです。宮良湾近くの釣り具用品店で蟹籠を3つ買って宮良川のマングローブの中に仕掛けました。翌日見てみると、どの籠にも何も入っていません。その後、場所を変えてもう一度試してみましたが、蟹は入っていませんでした。マングローブにてその次は別のマングローブで試しましたが、何もかかりません。次に名蔵というところのマングローブにある橋の上から蟹籠を落としてみると、見ているうちに蟹が寄ってきました。ノコギリガザミです!どうやらなかなか籠に入れない様子だったので、一晩待って引き上げてみると、一匹入っていました。しかし、慌てて取ろうとしたせいで蟹を驚かせてしまい、自ら腕を切ってしまいました、これではモチーフにすることができません。不注意でもったいないことをしてしまいました。それから2日間、蟹籠を増やして名蔵近辺に集中的に蟹籠をしかけてようやくノコギリガザミを無傷で捕ることができました。少し小ぶりですが、モチーフとしては申し分ない大きさです。加熱するとまた腕をとってしまうそうなので、持ち帰ってすぐに冷凍し、冷凍したら解凍して写真を撮ります。それから制作するときに何度も冷凍と解凍を繰り返すので身を固くして長持ちさせるために茹でます。ほかに捕まえた蟹も同様に茹でて保管して最近はエチルアルコールもかけています。来年の展覧会には今回捕まえた蟹も制作して出品するので楽しみにしていて下さい!

上記画像: マングローブにて

今井完眞

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左記画像: ノコギリガザミをとって喜ぶ今井完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai