アメリカ人

PlaytoWin *Image above: “Play to Win″ by Brooke Hammerle.
* ブルック・ハメラルの「Play to Win」(上記画像)

*スマートフォン・携帯でご高覧の皆さま:日本語の文章は英語の後に続きます。

We have interviewed the photographer Brooke Hammerle, who spoke with us about her works. Her works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Brooke-Hammerle

Q: What time of the day, in what kind weather and which season do you like to shoot your photographs?   

A: The quality of light itself is more important than any type of weather. The Landscape and Wave Series are most sensitive to overall lighting conditions, preferred usually early morning or late afternoon. The Landscape Series was shot in the autumn, October, taking advantage of the seasonal change of color. I shot during the late afternoon waiting for a bright but overcast sky, ideally with slight humidity. This brought out the luminosity of the colors and made the landscape glow. The Wave Series was shot summer and fall in a narrow window of light of late morning or late afternoon. Both Wave Series and Songs of Light required bright and even direct sunlight to capture the moving reflections of light on the surface of the water. Press to Play is my winter shooting venue where I can play with the energy of light in surrealist space. It is a totally artificial environment unchanging except for relocation of individual games.

Q: Do you have a favorite place you like visit to shoot your photographs?

A: My practice is habitually a study of place and its lighting conditions over a period of time. Every Series of work grew out of fascination that inspired repeated shoots at locations usually within driving distance of my home in Rhode Island. This would allow me to become familiar with and choose the conditions and best time of day for the desired light. The Landscape Series was begun in New York State but evolved into a 20-year study of a small pond in a cemetery in Providence R.I. The Wave Series was begun at a beach in Provincetown, Ma, but pursued for 2 years at Matunick beach and Narragansett cliffs in Rhode Island. Songs of Light was shot over 3 years at a waterfall in Roger William Park near my home.

Q: What fascinates you about photography the most?

A: A constant search, discovery and learning experience of the mystery of light in the world around me.

Q: How do you see your works evolving in the near future?

A: The greatest excitement of being an artist is never knowing where your work will lead you.

Q: Do you have a message to our readers?

A: My hope would be that everyone could set aside some time in his or her lives to explore making some kind of art. I hope my work will help inspire people toward that enjoyment.

*Image below: “Yellow Mosaic II″ by Brooke Hammerle.

Yellow-Mosaic-II* ブルック・ハメラルの「Yellow Mosaic II」(上記画像)
写真家のブルック・ハメラルさんにインタビューをし、作品について語っていただきました。彼女の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。http://www.mizenka.com/jp/artist/Brooke-Hammerle
Q: 写真はどの時間帯、どのような天気、どの季節に撮影するのが好きですか。

A: 天気よりも、光の質そのものが何よりも大切です。「Landscape」と「Wave」のシリーズは、全体的な光の環境に最も敏感なので、早朝または午後の遅い時間に撮影するのが一番好ましいです。「Landscape」のシリーズは、季節の変わり目に風景の色が変わる様子を生かし、秋(10月)に撮影されました。午後の遅い時間に、理想として少し湿気を含む、明るい、どんよりとした空を待ちながら撮影しました。これにより、色彩に光度をもたらし、風景を明るくしてくれました。「Wave」のシリーズは、夏と秋の、朝の遅い時間または午後の遅い時間に、光が差込む短い時間内で撮影しました。「Wave」のシリーズと「Songs of Light」のシリーズはいずれも、水面で動く光の反射を捉えるため、明るい直射日光を必要としました。「Press to Play」のシリーズは、冬に撮影され、超現実的なスペースの中で、光のエネルギーを自由自在に活用することができたのです。それぞれのゲームが違うこと以外は、同様の、完全に人工的な環境で撮影しました。

Q: 写真を撮影するとき、よく行くところはありますか。

A: 私は時間をかけて撮影場所と光の環境を模索していきます。どのシリーズも、魅惑から生まれ、私のロードアイランド州の自宅から運転できる距離にある撮影場所で、繰り返し撮影をしました。これにより、私が求める光が見出せるベストの環境と時間帯を選ぶことができるのです。 「Landscape」のシリーズはニューヨークで始まりましたが、最終的にロードアイランド州プロビデンスにある墓地の小さな池を20年間学習することで進化していったのです。「Wave」のシリーズはマサチューセッツ州プロビンスタウンのビーチから始まり、その後ロードアイランド州のマトゥニック•ビーチとナラガンセット崖で2年間撮影しました。「Songs of Light」のシリーズは、私の自宅の近くのロジャー•ウィリアム公園の滝で3年間撮影されました。

Q: 写真に魅了される理由を教えてください。

A: 自分の周りにある光の神秘性を常に探索し、発見し、学習すること。

Q: ご自分の作品がどのように進化していくだろうと思いますか。

A: アーティストとして一番おもしろいことは、作品が自分をどのように導いてくれるかが、わからないことです。

Q: 読者に方々にメッセージはありますか。

A: 毎日の生活の中で、少しでも何かしらのアートを制作する時間を作ることができればよいと思います。私の作品が、その手助けになれば嬉しいです。

A-Quiet-Place
*Image above: “A Quiet Place″ by Craig Dandridge.
* クレイグ・ダンドリッジの「A Quiet Place」(上記画像)
*日本語の投稿は英語の後に続きます。

We have interviewed the photographer Craig Dandridge, who spoke with us about his recent works. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Craig-Dandridge

Q: Last time we spoke with you, you mentioned that you enjoyed shooting more images including people.  Has that tendency changed?

A: Since we last spoke, I would say that the ratio of my images is about 85% people to 15% landscapes (mostly urban landscapes, but a few gardens as well) and objects. I’m still thinking about deeper, more meaningful ways to capture the human form, and the use of reflection has, quite naturally, resurfaced in my works.

Q: Do you have any places you would like to visit for your photo shoots or specific images you would like to shoot this year, and if so, why?

A: Over the last year, I have been actively building online relationships with models, photographers and other artists in Taiwan and China in particular. I’m hoping to travel to Hong Kong and Taipei to shoot sometime soon. I am particularly interested in shooting under the neon lights of Hong Kong before they are completely replaced by LED lighting.

Q: How do you think your interpretation of photography has changed since the past year?

A: I think I’ve spent more time simply observing people around me this past year than I have in years. I think having spent about a month in California this year has inspired me to think a little more about how a place affects people, and people affect a place.

I’ve started to look more carefully for people and postures that seem to both capture a place and express that place as well. When it comes to people, simple examples of this idea might be fashion and hairstyles.

Q: What would you like the viewers to feel or absorb when they see your artworks?

A: As I’ve come to incorporate more human forms into my imagery, I hope people will be inspired to think about our sense of place in this modern world as expressed through posture and even physical proximity between people.

From fashion to smartphones, manmade “things” are changing the shape of our world as well as the ways we perceive our world. As they look at my images, I hope people will think about what their own perceptions might mean, about their own existence and what they value in life.

Evening-Fall
*Image above: “Evening Fall″ by Craig Dandridge. * クレイグ・ダンドリッジの「Evening Fall」(上記画像)

写真家のクレイグ・ダンドリッジさんにインタビューをし、最近の作品について語っていただきました。彼の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。http://www.mizenka.com/jp/artist/Craig-Dandridge

Q: 前回お話しをお伺いしたとき、人物などのイメージを撮影するのが楽しいとおっしゃっていましたが、その傾向は変わっていませんか。 

A: 前回お話ししてから、撮影しているのは人物が85%で、風景(主に都市の風景ですが、庭も撮影します)と物体が15%です。人間の形を更に奥深く有意義に捉える方法をまだ考え中で、その過程においてリフレクション(反射)が自然と作品に再浮上してきたのです。

Q: 今年ぜひ撮影で訪れたい場所や撮影したい特定のイメージはありますか。またそれはなぜですか。

A: 私は昨年から、特に台湾と中国のモデル、写真家や他のアーティストの方々とのオンラインの関係を構築しています。近々香港と台北へ撮影に訪れたいと願っています。特に、LEDに完全に差し替えられてしまう前に香港のネオンの下で撮影したいと思っています。 

Q: 昨年と比べ、写真に対するご自分の解釈がどのように変化してきたと思いますか。

A: 以前と比べ、昨年はもっと周りの人たちを単純に観察する時間を持ってきたと思います。今年は1ヶ月カリフォルニアに滞在したことで、場所が人にどのように影響を及ぼすのか、また人がどのように場所に影響を及ぼすのかをもっと考えるようになってきたと思います。

場所を捉え、かつ場所を表現するような、人と姿勢を探し求め、もっと注意深く周りを見るようになりました。人で言いますと、それを表現する単純な例として考えられるのはファッションや髪型でしょう。

Q: クレイグさんの作品を見た方には、何をどのように感じてほしいと思いますか。

A: 撮影するイメージに、人の形を更に反映させてきているので、 人の姿勢や、人との物理的近さを通して表現される現代の世の中における「場所」という観念について、更に考えるきっかけとなってくれればいいと思います。

ファッションからスマートフォンまで、人間が作り出したものは、世の中の動き、そして我々が世の中をどのように見るのかを変えてきています。私の作品を見ていただくことによって、ご自身のものの捉え方が何を意味するのか、ご自身の存在意義が何なのか、そして人生において何を大切に思うのかについて考えていただけたら嬉しいです。

Tokyo Rain I

*Image above: “Tokyo Rain I″ by Craig Dandridge.
* クレイグ・ダンドリッジの「Tokyo Rain I」(上記画像)
*日本語の投稿は英語の後に続きます。

We have interviewed the photographer Craig Dandridge, who spoke with us about his photography. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Craig-Dandridge

写真家のクレイグ・ダンドリッジにインタビューをし、作品のことについて語っていただきました。彼の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。http://www.mizenka.com/jp/artist/Craig-Dandridge

Can you tell us what type of photographs you are taking lately?

In the greatest departure from my previous work, I’m shooting more images including people these days. It’s really a return to my roots, as I began my professional career shooting musicians and other artists. However, I’m also trying to find completely new ways to express my feelings.

Where do you like to visit for your photo shoots, and what time of the day do you like to take your photographs?

The streets of Shinjuku are definitely my favorite place to shoot, especially Kabukicho. I moved just to be closer to these places. I often stay out shooting into the wee hours of the morning, then walk home.

Now that the weather has cooled down, how does that affect your photo shoots? 

My gear is pretty heavy, so I can’t say the extreme heat this summer did not affect me (and my gear), however, I generally prefer shooting very early in the morning, or in the early evening, or at night. Those times are generally the coolest parts of the day, even on the hottest days.

Monday Morning II

*Image above: “Monday Morning II″ by Craig Dandridge.

Are there any season specific photographs you like to take, and if so, what are they?

I really like shooting in the rain, again, especially at night. Luckily for me, it pretty much rains all year round in Tokyo.

Now that I’m shooting more images of people, fall and winter are really excellent for me. People tend to dress up more in the cooler weather, so these months offer a more varied, and ultimately more interesting tapestry.

Anticipating a harsher winter this year, I’m looking forward to shooting during snowfalls this year.

Will “reflections” always be a part of your photographs, and if so, why?

Yes. I don’t think I’ll ever get over my fascination with reflections. After training myself to look for them for so long, I now see them everywhere.

What fascinates you about photography the most?

The challenge of translating images that initially exists only in my mind into physical “things” that almost anyone can understand offers endless joy. And learning to tell more and more poignant stories through single images is a lifelong pursuit.

Do you have a message to our readers?

If you’re reading this article, then you’re most likely already an art lover. So thank you for making art part of your life.

最近撮影している写真は、どのような写真ですか。

最近大きく変わったこととしては、被写体が人物等のイメージになってきた点です。そもそも私は写真家としてのキャリアを始めた頃、ミュージシャンや他のアーティストを撮影していたので、 原点に戻ったとも言えます。とはいえ、自分の感情を表現できる全く新しい方法も同時に模索しています。

写真の撮影場所として好きな場所はどこですか。一日のうち、撮影時間として好きな時間帯はありますか。

新宿の街、特に歌舞伎町は、撮影場所として好きな場所です。新宿の近くにいたいがために、引越までしました。私はよく夜中まで撮影をし、そのまま歩いて帰ります。

最近すっかり涼しくなってきましたが、撮影しやすくなってきましたか。

私の撮影器具は結構重いので、今年の夏の猛暑が私(そして私の撮影器具)に影響を及ぼさなかったとは言えないですが、私は一般的に早朝、夕方または夜に撮影をするのが好きなので、猛暑の中でも、それらの時間帯は一日の中で最も涼しい時間帯です。

Her Tokyo IV

* 上記画像: クレイグ・ダンドリッジの「Her Tokyo IV」

季節特有の写真を撮影するのが好きですか。それはどのような写真ですか。

雨の中、特に夜、撮影するのがとても好きです。幸いにして、東京ではほとんど一年じゅう雨が降ります。最近人物を撮影することが多くなってきたので、秋と冬はとてもいい季節です。寒くなってくると、よりオシャレをする傾向が見られるので、秋や冬に撮影をすると、多様性のある、より面白い写真が出来上がります。今年の冬は厳しい冷え込みが予想されますので、雪の中、撮影するのを楽しみにしています。

「リフレクション(反射)」は今後もクレイグさんの写真に見られるテーマであり続けると思いますか。それはなぜですか。

はい、私は「リフレクション(反射)」に魅了され続けると思います。「リフレクション(反射)」を見つける訓練を長年してきたため、今ではどこにでも見つけてしまいます。

写真の魅力は何だと思いますか。

初めは自分の頭の中にしか存在しないイメージを、誰でも理解できるような物理的なものに発展させていくチャレンジは、私に大いなる喜びを与えてくれます。 また、一つのイメージを通して心に強く刻まれるより多くのストーリーを語ることを学んでいるのは、私にとって人生の課題でもあります。

読者の方々へ、メッセージを一言お願いできますか

この記事を読まれていらっしゃるということは、美術愛好家でいらっしゃるのだと思いますので、アートを人生の一部にしていただいて、ありがとうございます。