アート

 2014-10-18 17.48.13-1

*上記画像:今井完眞が作品を制作している風景(成形過程)

こんにちは、陶芸の今井完眞です。前回のブログは自己紹介でした、今回はなぜ陶器という素材にこだわって制作しているのかについてお話させていただきます。

芸術作品は作者の制作意図があって何かを人に伝える手段であることが多く「この作品は何を表現しているの?」とか「何を伝えたいの?」と聞かれることが多いです。美術の高校や藝大でもよく問われる問題です。ですが陶芸は作者の意図だけでは完成しないものだと思っています。たとえば綺麗な花を見て「この花を表現したい!」とおもったとします。画家ならキャンバスに自分の表現したいように描くと思いますし彫刻家ならいろいろな素材を使って抽象的にも作れるしリアルな表現もできます。しかし陶器の器にこの花を描きたいと思っても自分の表現したい色を出すことは難しいですし、立体で製作するにしても細い枝はとてももろくなり窯の中でへたってしまいます。これでは表現したいものはなかなかできません。

*下記画像:窯入りする前の今井完眞の作品

2014-09-26 19.25.55

陶器とは何か?焼きしまったものが陶器で、低下度で焼かれたテラコッタも陶器。でも焼きしまっていなければ陶器ではなく粘土?それとも同じ素材だから陶芸作品?

私は個人的には一度焼かれて水に溶けないものが陶芸作品だと思っています、ですから成形した後に焼く工程が必ずあります。焼く工程があるため作品は窯の中で変化し表現したいものが表現できないことが多々ありますが、思いもしなかった良い作用を得ることもあります。

*下記画像:窯の中で今井完眞の作品が焼かれている風景

IMG_4459

わたしはこの窯の中で作品が変化することが陶芸の魅力だとおもっています。制作しているとき作品は私の意図した形ですから自然な雰囲気をだそうとおもっても、どうしても作為的になります。ですが焼くことによって作品が変化し半分自然物のような風合いを得ることが出来ます。つまり作者の意図プラス自然の作用があるわけです。しかも陶芸には、長い歴史の中でうまれた無限とも思える技法があります。それを自分の作品づくりに取り入れたいと思い制作しています。これが私の陶芸作品を制作する理由です。

*下記画像:今井完眞の「高脚蟹」

蟹2次回は最近制作した作品についてお話させていただきます。

今井完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

Expectation vs Reality*Image above: “Expectation vs Reality” by Valerie Syposz, 2014, Lithography

Valerie Syposz’s solo exhibition will be held at Shirota Gallery in Tokyo from Monday, April 20, 2015 to Saturday, May 2, 2015.  Valerie describes her thoughts on this upcoming exhibition as follows.

When I first encountered printmaking, it was love at first sight.

Out of the many desires that people inherently have, to eat is not only a way to achieve satisfaction and pleasure, but of course also necessary to sustain life. I fully understood this fact, yet there was a time in my life when I decided to lock away this urge deep inside.

Over the course of many years, I began to reface these naturally human desires and cravings. It was during this journey that I first experienced printmaking. I was deeply affected.

Lust*Image: “Lust” by Valerie Syposz, 2015, Monotype

I have tried working with a variety of techniques; drawing, painting, intermedia arts, but it was always printmaking that fit. Print, with it’s unique aesthetics, ability for expression, importance on both technical and creative. Printmaking gave meaning to my artistic creation, to my life.

From there on, I have dealt with many themes including portraiture, identity, food culture, and social satire. Through any subject matter, I am hoping to express the feeling of ‘now’, ‘the present’.

For this exhibition, using lithography, monoprint and wood engraving, I re-examined my relation to the ideas of craving, pleasure, and earthly delights. Pleasure was also vital to the creative process, enjoying the possibilities of mark-making, colour use and layering in print. What feelings will resonate with the viewer when faced with the prints? Only time will tell.

Valerie Syposz

*Please see http://www.mizenka.com/artist/Valerie-Syposz for Valerie Syposz’s artworks.

Details of Exhibition:

Valerie Syposz -Cravings-

Period:

Monday, April 20, 2015 – Saturday, May 2, 2015 (Closed on Sundays and holidays)

Time:

11am-7pm (last day until 5pm)

Venue:

Shirota Gallery

7-10-8, Ginza, Chuo-ku

Tokyo 104-0061

TEL: 03-3572-7971

*Image below: “Woman” by Valerie Syposz, 2015, Lithography

Woman

バレリー•サイポーズの個展は以下のとおり、開催されます。

展覧会名:

Valerie Syposz バレリー•サイポーズ展 -Cravings-

日時:

2015年4月20日(月)〜5月2日(土)日祝休廊

11:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:

シロタ画廊

〒104-0061

東京都中央区銀座7-10-8

TEL: 03-3572-7971

IMG_4477

はじめまして、今井完眞です。

私はこの春に大学院を修了したばかりの陶芸家で主に蟹などの生き物を制作しています。

6今回は私が陶器で蟹などの生き物を作りはじめたきっかけについてお話いたします。

私は1989年に京都の陶芸家の家に生まれました。実家が陶芸家だったので時々工房に行って手伝いをしたり窯焚きの時には薪割りをしていたので陶芸には小さい頃から接していて、粘土遊びで作ったものを窯でやいてもらったりしていました。

2012-Anagama-Takehara 031美術を始めたのは高校生の頃で陶芸や漆芸にも興味がありましたが学校では彫刻を専攻していました。彫刻はやってみればおもしろくて好きでしたが元々彫刻を専攻したのは行きたいと思っていた東京藝術大学工芸科の入試内容が石膏デッサン、模刻と静物着彩だったからで、デッサン力を身につけるためには彫刻科が一番よいと思ったからでした。

2013 11 1 001そんなときの出来事です。私の父が百貨店で個展をしていたときに、隣の会場で個展を東京藝大の陶芸科をでられた方がしておられました。その方はとてもきれいな青磁の作品を作っておられて私は衝撃をうけました。

OLD LAPTOP 2378父も東京藝大の卒業生で二人でいろいろな話をしていました、そこに私もおじゃまさせていただいて話をきいていました。話も終わり家に帰る道中父に「どうしてうちは青磁をしないの?」と尋ねると「難しいからや、でも昔作った釉薬はある」と教えてくれました。そのとき私は青磁で器を作ってもいろんな作家さんがやっているしなにか変わったことはできないだろうか、と思いいろいろ考えていました。

A Hole in the World実際に青磁で作品を作ってみたのは大学に入ってからで、一年生から二年生になる春休みでした。青磁の蟹を枕木につけたその作品は二年生になってから大学で工芸科二年進級展に出品しました。今思えばまだまだクオリティーの低い作品でしたが当時同級生や先輩に評判がよく、少しずつ改良しながら今日に至ります。

次回はなぜ陶器という素材にこだわって制作しているのか?についてお話させていただこうと思っています。よろしくお願いいたします。

今井完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*左上画像:作品陶器を制作している今井完眞

*右上画像:今井完眞の作品陶器を焼いている窯の中の様子

*中央画像:穴窯で作品陶器を焼いている今井完眞

*左下画像:今井完眞の作品陶器の成形過程の様子

*右下画像:穴窯で作品陶器を焼いている様子

*文中最後の画像:今井完眞作「蟹」

2015年4月13日(月)から4月25日(土)まで、銀座のSteps Galleryで開催される「colored bar 2015 吉岡まさみ展 」。アーティストの吉岡まさみさんから、カラード・バーとは何かについて、以下のとおり、ステートメントをいただきました。

カラード・バー

 50cmの長さの棒に色を塗って作品を作り始めたとき、自分では、いったいどんなものを目指していたのか、実は全くわからないままに作業をしていた。

 それは突然にわたしの心を捉えて、棒に色を塗る、その棒の半分ずつ別の色で塗り分けるというアイデアが勝手に動き始めたのだった。

 作品はたいがい突然に「やってくる」ものなので、それを拒否することができないまま、なにかに突き動かされて出来てくるものなのだ。

 作品が完成してしばらく時間をおいたあとで、その意味が少しずつわかってくる。

 わたしは何がしたかったのか。

 わたしはただ色彩の美しさを味わいたかったのだろうと思う。

 細い棒に色を塗ることで、「画面」を極力小さくし、「絵画」を描くのではなく、ただ色彩だけを描こうとしていたのだ、ということがあとになってわかってくる。色面を2つに分けたのは、どんな色も等価であることを主張したかったのかもしれない。

 この作品は、絵画であるということもできるし、彫刻であるともいえる。

 しかし、だからどうだというのか。絵画でも彫刻でも、そのどちらでもないかも知れないが、それを決めたからといって、作品が変わるわけではない。それは瑣末なことである。

 色彩がただそこに在るというそのことを味わい、われわれ自身の存在を確認する契機になればいいと思うのだ。

 流れる雲のように、そぼ降る雨のように、ただそこに存在することの確かさと儚さを、カラード・バーは映し出すことができるだろうか。

吉岡まさみ

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

展覧会詳細:

「colored bar 2015 吉岡まさみ展」

日時:

2015年4月13日(月)〜25日(土)日曜休廊

12:00〜19:00(土曜日17:00まで)

場所:

Steps Gallery

〒104-0061

東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル5F

TEL&FAX: 03-6228-6195

yosioka-5p-6pout

Artist Masami Yoshioka’s exhibition “colored bar 2015″ will be held as follows:

Details of Exhibition:

“colored bar 2015″ an exhibition by Masami Yoshioka

Period:

Monday, April 13, 2015 – Saturday, April 25 (Sunday closed)

Time:

12pm-7pm (Saturdays until 5pm)

Venue:

Steps Gallery

Ryuei Building 5F

4-4-13, Ginza, Chuo-ku

Tokyo 104-0061

TEL&FAX: 03-6228-6195

*Image below: “No. 202″ by Oleg Berezutskiy.

№202

We have interviewed the Russian painter Oleg Berezutskiy, who spoke to us about his artworks and general artistic practice. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Oleg-Berezutskiy

What kind of artworks and series are you currently working on?

I am currently working on artworks relating to a total of four different series, and in two of the series, I use unordinary watercolor.   I am also experimenting with colors, using colored pencils.  My initial choice of materials is spontaneous, but in the same series, I continue using the same materials.  I often work on different series at the same time, and I do not have a specific pattern as to when I begin a new series.

Is there a particular place you like to be when you paint, or a particular time of the day that you like to produce your artworks?  What would you say your overall working style is like?

I am not tied to a particular place.  Now I work from home, mostly at nights. Working at nights is more of a habit because when I was an architect, I had to make time to paint while working full time as an architect.  In terms of my working style, since my creative energy comes from internal influences, I prefer to work alone without any audience.

berezutskiy_forweb

*Image above: Photo of Oleg Berezutskiy creating his artwork.

How does a typical day go for you?

My typical day goes differently for me.  I do not have a daily and weekly schedule.  Everything changes, and I am flexible with how my day goes.  However, all my mornings start the same.  Every morning I start with meditation.

Does the change of seasons or travelling in any way affect your artworks?  Do you feel that your painting style has changed over the years?

Change of seasons does not affect my artworks.  Sometimes I like to travel, and my travels can affect the experimental part of my creative process.  The only thing that can affect my painting process itself is, if I could become as hollow as a bamboo: What I mean by this is, because my artworks are not driven by a theme or my will, if my mind could become as hollow as the inside of a bamboo, it would help me to create freely, with no thoughts and feelings.  As for my painting style, yes, it has changed over the years.  My artworks have become calmer and meditative.

*Image below: “Panama hat” by José Antonio Sorolla Gallén.

850jpg-Artist-Panama-hat_65cm-x-50cm_2014

We have interviewed the Spanish painterJosé Antonio Sorolla Gallén, who spoke to us about his current thoughts and his general artistic practice. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Jose-Antonio-Sorolla-Gallen

How do you like to work?

Normally, I work in my studio, which is on the ground floor of my house. It’s the place where I work practically all year. But in the summer, I also like working outdoors, in the terrace. It’s very nice working with natural light, without electric lights; and in the hottest days, it’s very pleasantly cool.
I don’t have a favorite time to paint, but I usually always paint by the afternoon, and until 9:30 PM.

DSC_0073*Image: Photo of José Antonio Sorolla Gallén’s studio.

Where do you think your inspiration comes from?

About the inspiration, I believe more in the constancy in work than inspiration. If the artist works regularly, it is easier for inspiration to come.
Other times a visual inspiration can strongly seize me. For example I remember how I was captured (especially by the color) when I saw the lifeguards on the beach, with flags waving in the wind (the “Flags” series was born here).
My favorite beach is Benicàssim, perhaps because I visited there for many years.
Also, normally, I like to have the opinion of my family. I always ask them. I’m very critical with my work and I’m always doubting.

DSC_0074*Image: Photo of José Antonio Sorolla Gallén’s studio.

Where would you say you are currently, and what are your goals for the year 2015?

I think that 2014 has been a very positive year for my art. Due to my type of paint, I don’t make too many paintings a year. I’m finishing some works from my current series, some of which I had begun a year ago. I want to return to the landscape, but in large formats (I think these works can become somewhat special landscapes.) For 2015, I want to work at my best, quietly, unhurried.

Do you have a message to our readers?

I would be very glad if my work appeals to people. After finishing the paintings, if they connect with people, it would be perfect.