日本人

IMG_6486

上記画像:吉岡まさみ作 Colored Bar

2017年7月19日から7月29日まで、銀座のSteps Galleryにて、吉岡まさみの個展が開催されました。 展示された新作のColored Barの作品をご紹介します。

Masami Yoshioka’s solo exhibition was held at Steps Gallery in Ginza, Tokyo from July 19, 2017 to July 29, 2017.  Here are images of his new artworks from the solo exhibition.

IMG_6478

上記画像:吉岡まさみ作 Colored Bar

IMG_6474
上記画像:吉岡まさみ作 Colored Bar

IMG_6483

上記画像:吉岡まさみ作 Colored Bar

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

*Masami Yoshioka’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka

DSC01376
上記画像:吉岡まさみ作 テープインスタレーション
DSC01380
上記画像:吉岡まさみ作「Secret Memory」シリーズのウッドパネル作品
DSC01386
2016年6月22日から7月2日まで、銀座のSteps Galleryにて、吉岡まさみの個展が開催されました。2年ぶりに、見事なテープインスタレーションと、Secret Memoryシリーズからのウッドパネル作品の新作が発表されました。個展で発表された作品をご紹介します。
Masami Yoshioka’s solo exhibition was held at Steps Gallery in Ginza, Tokyo from June 22, 2016 to July 2, 2016.  A spectacular tape installation and new wooden panel works from his Secret Memory series were displayed.  Here are images of his works from the solo exhibition.

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

DSC01384*Masami Yoshioka’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka

左上および右画像:吉岡まさみ作「Secret Memory」シリーズのウッドパネル作品

 

 

Water-Tone-4

2016年の春から夏はあちこちを旅してスケッチをしていました。新しい風景に出合うとどうしてもそれを詳細に記憶したくなります。そして記憶のために風景をスケッチしながら同時にその場所の空気や人や文化と会話します。私が作品として発表するのは抽象的な「風景」ですが、それはたくさんのスケッチと私の瑣末な記憶の集積と言えます。Water-Tone-1

永野のり子

タリン
長野2長野1

Noriko Nagano’s artworks can be seen at : http://www.mizenka.com/artist/Noriko-Nagano

永野のり子の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Noriko-Nagano でご高覧いただけます。

左画像:永野のり子作:「Water Tone 4」 Left image: “Water Tone 4” by Noriko Nagano
左から2番目の画像:永野のり子のスケッチ作品 (タリン(エストニア)にて)
右2つの写真:永野のり子がスケッチしている風景(雲場(長野)にて)
右画像:永野のり子作:「Water Tone 1」 Right image: “Water Tone 1” by Noriko Nagano

緑アーティストの吉岡まさみさんに、最近の作品についてお伺いしました。2016年6月に銀座のSteps Galleryで開催される個展で、肖像画Blue「Secret Memory」シリーズのテープインスタレーションと合わせてウッドパネルの作品も展示するため、現在ウッドパネルの作品を制作中とのこと。ウッドパネルの色彩は、最終的に3層重ねて仕上げていきます。肖像画の木版画は珍しい作品で、20年前に彫ったものとのこと。これらの木版画は、Steps Galleryで2016年4月に開催される「Art Cocktail 2016」にて展示しま肖像画Redす。

We spoke with artist Masami Yoshioka regarding his recent works. He will be exhibiting a tape installation and 青wooden panel artworks from his “Secret Memory” series for his upcoming solo exhibition in June 2016 at Steps Gallery in Ginza, Tokyo. The colors for the wooden panel artworks will be finalized after ultimately applying three layers. The portrait wood-block printing hangas are rare; Yoshioka created them 20 years ago, and they will be exhibited at the “Art Cocktail 2016” exhibition at Steps Gallery in April 2016.

肖像画Green左上画像:吉岡まさみ作 制作中の「Secret Memory」シリーズのウッドパネル

右上画像: 吉岡まさみ作 「カミュ」1994年

中央左画像: 吉岡まさみ作 「寺山修司」1994年

中央右画像:吉岡まさみ作 制作中の「Secret Memory」シリーズのウッドパネル

左下画像:吉岡まさみ作「ショーペンハウアー」1994年

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

*Masami Yoshioka’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka

 

_P5A5372

*上記・下記画像すべて:永野のり子作「 WATER TONE 」

*All images above and below are from Noriko Nagano’s new series “WATER TONE”

_P5A5379

永野のり子さんの新作「 WATER TONE 」をご紹介します。

Please see Noriko Nagano’s new artworks “WATER TONE”.

_P5A5358

5年ほど前から水辺の写生を繰り返し行って来ました。それらのスケッチが記憶の断片としていくつも重なってひとつの作品になり、それはどこにでもあるような、またどこにもないような抽象的_P5A5425な風景です。新作ではそうした水の風景から”TONE”(音)が響いて来るような画面を模索しました。一本の静かな弦の響きから成る作品もあれば交響曲のように重なり合う響きを意識した作品もあります。絵画という静止した平面の中に楽譜のように時間の流れを、いつまでも響き続ける流れを表出したいと思います。

永野のり子

_P5A5383

Trace-of-wind-1-no-lines

*Image above: “Trace of Wind 1″ by Noriko Nagano.
* 永野のり子の「Trace of Wind 1」(上記画像)
*日本語の投稿は英語の後に続きます。

We have interviewed the Japanese artist Noriko Nagano, who spoke with us about her artworks. Her works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Noriko-Nagano

What themes do your artworks portray? Why do you portray such themes?

The themes of each of my artworks have changed over the years. However, recently I discovered that there is one theme that remains unchanged among those themes: It is “life and death”.

What do you like the most about your artworks? I understand that you draw while travelling; where is your favorite destination to travel?

What I like the most about my artworks is, when I have an artwork or a part of an artwork that expresses the color of “light” to my satisfaction. When travelling both international and domestic, I am attracted to waterside scenery.

永野 画像

*Image: Photo of Noriko Nagano painting her artwork.

What type of medium do you often use? Why do you like such medium?

I paint most of my artworks on washi paper. Washi itself is a beautiful artwork, and I also use other rich mediums such as watercolor and mineral pigments.

Can you tell us what type of artworks you are currently working on?

I am painting memories that anyone may have, on top of scenery that can be seen anywhere.

Where and when do you like to produce your artworks?

I produce my artworks at my studio in Shonan. I like to produce my artworks in the middle of the day on a sunny day, when I can distinguish the delicate differences of lightness among light colors.

Do you have a message to our readers?

I hope to produce artworks that will enable the viewers to relate to their own emotions when they see my paintings.

永野画像* 画像:永野のり子の絵画制作風景

画家の永野のり子さんにインタビューをし、作品のことについて語っていただきました。永野さんの作品は以下のリンクでご高覧いただけます。

http://www.mizenka.com/jp/artist/Noriko-Nagano

Q:絵画を描く中で追求しているテーマは何ですか。なぜそのテーマを追求していますか。

A: 個々の作品のテーマは変化し続けてきました。しかしその中に変わらない部分が在って、それが「生と死」だということに最近気づきました。

Q:ご自身の絵画で一番好きなところは何ですか。また、 永野さんは旅をしながら描かれるようですが、旅先として好きな場所はどこですか。

A: 納得できる「光」の色が表せた作品または部分が一番好きです。海外も国内も水辺の風景に惹かれます。

Q:絵画を描く際に良く使う素材は何ですか。なぜその素材が好きですか。

A: ほとんどの作品は和紙に描いています。和紙そのものが美しい美術品ですが、水彩や岩絵の具等豊富なメディアを受け容れる耐性もあります。

Q:現在どのような作品に取り組んでいますか。

A: 何処にでもあるような風景の上に、誰にでもあるような記憶を重ねています。

Q:どのような場所や時間帯に制作するのが好きですか。

A: 湘南のアトリエで制作しています。淡い色彩の微妙な明度差をはっきり見分けられる晴れた日の日中が好きです。

Q:読者の方々へ、メッセージを一言お願いできますか。

A: 見る人が自分の思いを画面に重ねられるような作品に出来たらと思います。