contemporary art

000009*今井完眞の「和邇」(上記画像)  Image above: “Alligator” by Sadamasa Imai

陶芸家の今井完眞さんにインタビューをし、最近の作品について語っていただきました。今井さんの作品は以下のリンクでご高覧いただけます。 http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai

We have interviewed ceramic artist Sadamasa Imai, who spoke with us about his recent artworks. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

Q:今井さんは、様々なところで個展を開催しており、大活躍でいらっしゃいますね。今後新たに挑戦してみたいという作品はありますか

Q: You have been successfully exhibiting your artworks at various galleries. What new challenges would you like to take up in the future with respect to your work?

龍製作過程A: 最初の頃は作品発表の機会がほぼなくて苦しい思いをしておりましたが、お陰様で最近は作品発表の機会をたくさん頂いておりまして、本当に感謝しております。年末年始の制作は、今年最初の展覧会となる一月の京都府新鋭選抜展に向けて大作を作っております。大きな香炉の上に龍が乗っている作品で、私としては珍しく、架空の生き物がモチーフです。

A: In the initial stage of my career, I didn’t have many chances to exhibit my artworks. I am very grateful that I’ve recently had many opportunities to exhibit my artworks. I am currently creating a monumental work in preparation for the Kyoto Art for Tomorrow 2020 in January. The artwork is a dragon on top of an incense burner. It is rare for me to create such a fictional creature.

*今井完眞の「龍」の制作過程(右上画像) Right image above: Creation process of “Dragon” by Sadamasa Imai

Q: 制作において、最近、力を入れていることは何ですか。

000041Q: What are you focusing on recently when you create your artworks?

A: 生き物を生き生きと表現したいといつも思っております。生きているものとそうではないものの差は、呼吸しているかしていないかだと考えるようになりまして、最近はそのことを意識しながら制作しています。また、架空の生き物に関しても同様で、実際はいないが、さもいそうな感じにできればと思い、試行錯誤しています。

A: I always want to express lively creatures. I came to believe that the difference between something that is living and something that is not is that living creatures are breathing, so recently I am conscious of this fact when I create my artwork. Also, for fictional creatures, they do not actually exist but I want to create them as if they do actually exist, and this has been a trial and error.

*今井完眞の「蟹」(左上画像) Left image above: “Crab” by Sadamasa Imai

Q: 2020年は、作家としてどのような年にしたいですか。

Q: How would you like the year 2020 to be?

A: 2020年は、作品一点一点に腰を据えて向き合っていきたいです。やはり作品発表の機会が増えると、展覧会の顔になる作品と小さな数物の作品とのクオリティーの差がどうしても大きくなってしまいがちです。展覧会をする上で作品点数が重要なのは確かですが、無理してたくさん作品を作ったところで良くはないので、そこに注意したいと思います。周りのペースに合わせるところは合わせつつ、大事な部分は自分のペースを守りたいと思います。

A: In 2020, I would like to take time to create each artwork. When you have more opportunities to exhibit your artworks, the quality of your artworks between the artworks you exhibit and small artworks naturally differs. The number of artworks is important when holding an exhibition but it’s not a good idea to create many artworks just to meet a specific numerical target. Therefore, I am careful on this point. I would like to maintain my own pace while I stay aligned with other artists.

SONY DSC

SONY DSC

Images above from up to down: “Bigger Cities and Faster Walking Speeds”, “A Glancing Blow – Bedazzled by Advertizing”, “Being a Big Sister in the Big City”, “Unattainable – Aim Higher, Young Ladies” and “Chasing Rainbows in the Dark” by Craig Dandridge
* クレイグ・ダンドリッジの「Bigger Cities and Faster Walking Speeds」「A Glancing Blow – Bedazzled by Advertizing」、「Being a Big Sister in the Big City」、「Unattainable – Aim Higher, Young Ladies」と「Chasing Rainbows in the Dark」(上記の各画像、上から下まで)
*スマートフォン・携帯でご高覧の皆さま:日本語の文章は英語の後に続きます。

We have interviewed photographer Craig Dandridge who spoke with us about his recent artworks. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Craig-Dandridge

Q1:  We understand your recent works have been awarded by National Geographic.  Congratulations!  Can you please explain what the focus has been in your recent works?

A1: This past year I have been focused on finding places with great quality and direction of light—especially at night and in other low-ambient light conditions—and crafting excellent story-telling images through composition as well as content.

Developing my ability to anticipate action in the moment of observation requires daily practice. The photo editors at National Geographic have acknowledged my growth as a visual storyteller, publishing three of my images this year alone.

Q2:  What would you like to achieve in 2019 in terms of developing your photography?

A2: I’m shooting and working on other skills every day to become a better photographer and a more thoughtful storyteller. Living in the heart of Tokyo, I am fortunate to have a wealth of everyday situations in my community—even my own neighborhood—to feed my imagination, as well as some really great light.

I hope to find a way to combine two major themes in my work to date: the manmade world as seen through reflections and stories that inform on and reflect our modern lives. I hope to refine my ability to use subtle as well as stark differences in tone to communicate emotions, by simultaneously conveying overt meaning and deeper understanding in a single image.

Q3:  Do you have a message to our readers?

A3: Thank you all for your love of high-quality art and your patronage of Mizenka Gallery. Please look forward to more works that speak to and inform the modern world and our place therein.

SONY DSC

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真家のクレイグ・ダンドリッジ さんにインタビューをし、最近の作品について語っていただきました。クレイグさんの作品は以下のリンクでご高覧いただけます。http://www.mizenka.com/jp/artist/Craig-Dandridge

Q1: クレイグさんは、最近の作品で、ナショナルジオグラフィックから受賞されたらしいですね。おめでとうございます!最近の作品で重視しているのはどのような点ですか。

A1: この1年、 特に夜や周囲が暗い環境など、優れたクオリティと光の方向を有する場所を探し、画像の構成や内容を通して物語りが作れる素晴らしいイメージを作ることに重点を置いてきました。

観察の瞬間に次に起きることを予想する能力を発達させるには、日々の修行が必要です。ナショナルジオグラフィックの写真編集者の方々は、ビジュアルな語り手としての私の成長を認めてくれ、今年だけで私の作品を3作品掲載してくれました。

Q2: 2019年、ご自分の写真を更に発展させるために、どのようなことを達成したいですか。

A2: 更に良い写真家になることを目指して日々撮影し、他のスキルを磨いています。東京の中心に住んでいるおかげで、想像力を養い、素晴らしい光を取り入れることができ、地域の中で日々起きるあらゆるシチュエーションに囲まれている私は、恵まれています。

作品において、これまで掲げてきた2つの主要なテーマを組み合わせることができればと望んでいます。1つ目は、リフレクションから見られる、人間が作った人工的な世界です。2つ目は、現代の生活を反映し伝えてくれる物語です。1つのイメージを通して、明らかな意味と深い理解を同時に伝えるなど、感情を伝えるために、トーンの微妙な違いと著しい違いを駆使できる能力を更に磨いていきたいと思っています。

Q3:  読者の方々にメッセージはありますか。

A3: クオリティの高いアートへのご愛好、そしてMizenka Galleryをご愛顧いただいて、ありがとうございます。私たちを取り巻く現代の世の中とその環境を伝えてくれる沢山の作品をお楽しみください。

Noriko Nagano Exhibition 1

Noriko Nagano Exhibition 32018年10月8日(月)から10月13日(土)まで、銀座のSteps Galleryにて、永野のり子 展が開催されました。展示風景をご覧ください。

Noriko Nagano’s solo exhibition was held at Steps Gallery in Ginza, Tokyo from October 8, 2018 to October 13, 2018.  Please enjoy the photos from the exhibition.

Noriko Nagano Exhibition 2