exhibition

11330035_10152966892278528_6130884432629724827_n

アーティストの吉岡まさみさんから、セルビアで開催された展覧会について報告があります。以下をご高覧ください。上記と下記の画像は、現地での展覧会風景です。

Artist Masami Yoshioka recently participated in an exhibition in Belgrade, Serbia. Images above and below are from the exhibition held at the Gallery of Radio Television of Serbia from May 30, 2015 to June 19, 2015.

14424_10152966891868528_524841860094044621_n

セルビア展報告

セルビアのベオグラードで、セルビア人2人と日本人2人によるグループ展が開催されました。

会場:セルビア国営放送ギャラリー
会期:2015年 5月30日(土)-6月19日(金)

11351422_10153392324944846_5094130333891455788_n

この展覧会は作家ミラン・トゥーツォヴィッチによって企画され、セルビア国営放送局が主催する展覧会で、日本とセルビアの国際交流も目的の一つになっています。

日本の作家はインスタレーション、セルビアの作家は具象絵画という違いはあっても、展覧会自体はたいへん調和の取れたものになりました。

1625703_10153391104489846_4145421035107614806_n

国営放送局主宰ということもあり、観客の関心も高く、初日のレセプションは、300人ほどのお客さんで会場が埋まりました。

テレビやラジオへの出演があり、新聞社の取材もあり、また現地での交流を深めて、有意義な日々を過ごしてきました。

吉岡の作品は、ベオグラードの大学生がスタッフとして加わり、2日間で完成させました。

「美術には人を動かす力がある」ということを改めて考えさせられたベオグラード滞在でした。

吉岡まさみ

*Please see http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka for Masami Yoshioka’s artworks.

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

 

 

 

DSC01358

銀座のSteps Galleryで開催された吉岡まさみの個展「colored bar 2015 吉岡まさみ展」。一つ一つ丁寧に展示されたカラード•バーは、その一つ一つが完成された作品でありつつ、同時に壁面ごとのインタレーションとして見事に展示されていました。

Masami Yoshioka’s solo exhibition “colored bar 2015 Masami Yoshioka” was held at Steps Gallery in Ginza, Tokyo.  Each of the colored bars was carefully displayed as an individual artwork and at the same time, they were brilliantly exhibited on each of the walls as an installation.

*上記と下記画像:「colored bar 2015 吉岡まさみ展」の展示風景。

*Images above and below: Exhibition images of “colored bar 2015 Masami Yoshioka”

DSC01360

DSC01362

DSC01369

*Please see http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka for Masami Yoshioka’s artworks.

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

 

Mound_01Planet_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Left image above: “Mound 1″ by Ahmet Özcan; Right image above: “Planet 02″ by Ahmet Özcan

Below are images of Ahmet Özcan creating his artworks for his most recent solo exhibition, “Habitat”, which was held in Ankara, Turkey. Ahmet depicted mythology and horror movie-inspired characters only on paper and canvas until this exhibition, in which he created his artworks onto the walls. The space was transformed into a habitat where his characters found a life for themselves.

以下がトルコのアンカラで最近開催されたアーメット•オーズカンの個展「Habitat」のために、彼が作品を制作している風景です。オーズカンは、神話や、ホラー映画からインスピレーションを受けたキャラクターを紙とキャンバスのみに描いていましたが、この個展では 壁に作品を制作しました。展示スペースは、彼のキャラクターたちが自らの居場所を探すことができる生息地へと見事に変身しました。

ahmet_ozcan_01

ahmet_ozcan_04

ahmet_ozcan_05

Ahmet Özcan’s artworks can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Ahmet-Ozcan

アーメット•オーズカンの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Ahmet-Ozcan でご高覧いただけます。

Expectation vs Reality*Image above: “Expectation vs Reality” by Valerie Syposz, 2014, Lithography

Valerie Syposz’s solo exhibition will be held at Shirota Gallery in Tokyo from Monday, April 20, 2015 to Saturday, May 2, 2015.  Valerie describes her thoughts on this upcoming exhibition as follows.

When I first encountered printmaking, it was love at first sight.

Out of the many desires that people inherently have, to eat is not only a way to achieve satisfaction and pleasure, but of course also necessary to sustain life. I fully understood this fact, yet there was a time in my life when I decided to lock away this urge deep inside.

Over the course of many years, I began to reface these naturally human desires and cravings. It was during this journey that I first experienced printmaking. I was deeply affected.

Lust*Image: “Lust” by Valerie Syposz, 2015, Monotype

I have tried working with a variety of techniques; drawing, painting, intermedia arts, but it was always printmaking that fit. Print, with it’s unique aesthetics, ability for expression, importance on both technical and creative. Printmaking gave meaning to my artistic creation, to my life.

From there on, I have dealt with many themes including portraiture, identity, food culture, and social satire. Through any subject matter, I am hoping to express the feeling of ‘now’, ‘the present’.

For this exhibition, using lithography, monoprint and wood engraving, I re-examined my relation to the ideas of craving, pleasure, and earthly delights. Pleasure was also vital to the creative process, enjoying the possibilities of mark-making, colour use and layering in print. What feelings will resonate with the viewer when faced with the prints? Only time will tell.

Valerie Syposz

*Please see http://www.mizenka.com/artist/Valerie-Syposz for Valerie Syposz’s artworks.

Details of Exhibition:

Valerie Syposz -Cravings-

Period:

Monday, April 20, 2015 – Saturday, May 2, 2015 (Closed on Sundays and holidays)

Time:

11am-7pm (last day until 5pm)

Venue:

Shirota Gallery

7-10-8, Ginza, Chuo-ku

Tokyo 104-0061

TEL: 03-3572-7971

*Image below: “Woman” by Valerie Syposz, 2015, Lithography

Woman

バレリー•サイポーズの個展は以下のとおり、開催されます。

展覧会名:

Valerie Syposz バレリー•サイポーズ展 -Cravings-

日時:

2015年4月20日(月)〜5月2日(土)日祝休廊

11:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:

シロタ画廊

〒104-0061

東京都中央区銀座7-10-8

TEL: 03-3572-7971

2015年4月13日(月)から4月25日(土)まで、銀座のSteps Galleryで開催される「colored bar 2015 吉岡まさみ展 」。アーティストの吉岡まさみさんから、カラード・バーとは何かについて、以下のとおり、ステートメントをいただきました。

カラード・バー

 50cmの長さの棒に色を塗って作品を作り始めたとき、自分では、いったいどんなものを目指していたのか、実は全くわからないままに作業をしていた。

 それは突然にわたしの心を捉えて、棒に色を塗る、その棒の半分ずつ別の色で塗り分けるというアイデアが勝手に動き始めたのだった。

 作品はたいがい突然に「やってくる」ものなので、それを拒否することができないまま、なにかに突き動かされて出来てくるものなのだ。

 作品が完成してしばらく時間をおいたあとで、その意味が少しずつわかってくる。

 わたしは何がしたかったのか。

 わたしはただ色彩の美しさを味わいたかったのだろうと思う。

 細い棒に色を塗ることで、「画面」を極力小さくし、「絵画」を描くのではなく、ただ色彩だけを描こうとしていたのだ、ということがあとになってわかってくる。色面を2つに分けたのは、どんな色も等価であることを主張したかったのかもしれない。

 この作品は、絵画であるということもできるし、彫刻であるともいえる。

 しかし、だからどうだというのか。絵画でも彫刻でも、そのどちらでもないかも知れないが、それを決めたからといって、作品が変わるわけではない。それは瑣末なことである。

 色彩がただそこに在るというそのことを味わい、われわれ自身の存在を確認する契機になればいいと思うのだ。

 流れる雲のように、そぼ降る雨のように、ただそこに存在することの確かさと儚さを、カラード・バーは映し出すことができるだろうか。

吉岡まさみ

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

展覧会詳細:

「colored bar 2015 吉岡まさみ展」

日時:

2015年4月13日(月)〜25日(土)日曜休廊

12:00〜19:00(土曜日17:00まで)

場所:

Steps Gallery

〒104-0061

東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル5F

TEL&FAX: 03-6228-6195

yosioka-5p-6pout

Artist Masami Yoshioka’s exhibition “colored bar 2015″ will be held as follows:

Details of Exhibition:

“colored bar 2015″ an exhibition by Masami Yoshioka

Period:

Monday, April 13, 2015 – Saturday, April 25 (Sunday closed)

Time:

12pm-7pm (Saturdays until 5pm)

Venue:

Steps Gallery

Ryuei Building 5F

4-4-13, Ginza, Chuo-ku

Tokyo 104-0061

TEL&FAX: 03-6228-6195