Wojciech Tubaja

‘Vesuvius’, a film project by video artist Wojciech Tubaja, is in post-production. Here are two trailers from this project.

ビデオアーティスト、 ヴォイチェフ•ツバージャの新作「 Vesuvius 」は撮影が完了し、以下2つのビデオが予告編です。

Fascinated by Mount Vesuvius for a long time, Wojciech decided to take an emotional trip to this volcano. The ‘Vesuvius’ Project consists of two parts: ‘Careful with the Sun’, a short fiction film, which is a psychological study of a state between totalizing rationalism and uncertain emotionality, and ‘Vesuvius’, which is a documentary portrait of actress Tomoko Hayakawa, who also starred in Wojciech’s film ‘2903’.

*Wojciech Tubaja’s works can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Wojciech-Tubaja

*ヴォイチェフ•ツバージャの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Wojciech-Tubaja でご高覧いただけます。

 

“2903”, a new film by video artist Wojciech Tubaja, was filmed in Tokyo.  Here are the two trailers for 2903.

ビデオアーティスト、ヴォイチェフ•ツバージャの新作「2903」が東京で撮影されました。以下2つのビデオが予告編です。

*日本語の投稿は英語の後に続きます。

Wojciech describes 2903 as “a film about emotions. What are emotions? Are they a response to our lives, the world or other people? Are emotions in the modern world real? Can we experience them deeply?”

2903_3Image: Wojciech Tubaja, ‘2903′, film still, 2015

“The way people respond to emotions is different in Poland than in Japan. The world of “2903” is the world created anew. It is a futuristic vision. It is all about emptiness and lonesomeness. Just as Roland Barthes’s European perspective brought him to Japan because the place was freed from the burden of meanings, was incomprehensible and unattainable; I find Tokyo to be the best scenery to narrate about emotions which are not to be read or understood but only to be simply lived through. The actors are Japanese; I’m European. We come from different cultures. We all met in the world of 2903 and we had to create our emotional ambience anew.”

“I wish that the person who watches the movie believes the characters, their reactions but also questions the authenticity of emotions experienced by them.”

Wojciech Tubaja

*Wojciech Tubaja’s works can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Wojciech-Tubaja

2903_5Image: Wojciech Tubaja, ‘2903′, film still, 2015

ツバージャは、2903について以下のとおり語っています。

2903は感情について語った映画です。感情とは何か。感情とは、人生、世の中、または他の人々への反応なのか。現代の世の中では、感情は本物なのか。我々は、感情を深く体験することができるのか。

感情にどのように反応するかは、ポーランドと日本とでは異なります。「2903」の世界は新たに作られた世界です。未来を表したビジョンなのです。それは、虚しさや孤独に満ちた世界です。ロラン•バルトにとって日本が物事に意味を求めなければならない負担から解放された場所であり、理解できない、手が届かない場所であったために彼のヨーロッパ的な視点が自らの来日を導いたように、私は、単純にそれを生きるだけで解釈または理解はしない感情というものを物語る上で東京が一番適した場所だと考えます。俳優は日本人であり、私はヨーロッパ人である。異なった文化を持つ我々が「2903」の世界で出会い、新たな感情の世界を作り上げたのです。

2903_6この映画を見ていただく方には、登場人物、そして登場人物の反応を信じていただくとともに、登場人物が体験する感情の信憑性に疑問を持っていただきたいです。

ヴォイチェフ•ツバージャ

 

Image: Wojciech Tubaja, ‘2903′, film still, 2015

*ヴォイチェフ•ツバージャの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Wojciech-Tubaja でご高覧いただけます。