IMG_0477こんにちは、今井です。草や木の緑が濃くなってだんだん夏に近づいてきた気がします。最近雨が多くて作品が乾かず制作のスピードが遅くなっています。洗濯物を干すタイミングも難しいですね。今回は4月21日から26日まで穴窯を焚いていましたのでそのお話をさせていただきます。IMG_0856

私の家は父と祖父も陶芸家です。祖父は昔ながらの穴窯での作品焼成にこだわっていて30年以上前から春と秋の年二回家族で穴窯焚きをしています。私も小学生の時から薪割りなどの手伝いをしていて大学に入ってからは自分の作品も窯に入れて焼いています。

作品ができて施釉が終わったらまずは窯詰めです。穴窯は山の傾斜を利用して作られていて斜面の一番下の部分が焚き口になっています。窯の入り口はその焚き口のところになっていますので一番奥から作品を詰めていき最後に焚き口のところに作品を詰めます。焚き口に近いほど炎が近くて温度が高くなりますので窯の奥の部分には耐火度の低い作品から詰めて焚き口に近くなるにつれて高火度焼成の作品を詰めます。およそ4日間かけてこの作業を行い作品が詰め終わったら窯の入り口にレンガを積んで穴を小さくして焚き口部分だけ開けておきます。それから窯内の水分を減らすために1~2日間灯油のバーナーであぶります。IMG_0868

火入れの日は窯の前に鯛やお酒などお供え物をして窯焚きの安全と良い作品が焼けるようにお祈りします。ここから昼も夜も交代で窯の世話をして100時間かけてゆっくり900度まで温度を上げていきます。IMG_0947900度まで温度が上がったらくべる薪の量を増やしてここから還元をかけていきます。窯の中が酸化か還元かで作品の焼け方が大きく変わります。そして還元状態を保ちつつ温度を上げていき焚き口に近いところが1300度を超えて作品が十分焼けると今度は窯の側面からも細く割った薪をくべて窯の中央の温度を上げます。最後に奥の部分の温度を上げて窯変を出すために塩と炭を入れ約6時間薪をくべながら徐冷し完全に焼成が終わると焚き口もレンガで塞いで土をかけすべての穴を閉めます。2014-03-27 00.14.11

こうして2週間ゆっくりと温度を下げて人が窯の中に入っても大丈夫な40度以下になってから窯出しをします。13062389_876942232414330_9169952916440626258_n

今回は窯詰めの時に火の通り道を広くしたため温度の上りがよくしっかりと焼けていて良い作品が多かったです。志野もよく透光性のある信楽透土もきれいに光を通しています。

今回とれた作品は5月21日から開催した銀座黒田陶苑での二回目の個展にも出品しました。また秋の展覧会にも出品予定です。

2016-05-13 23.04.48今井 完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

一番下の2つの画像以外の画像:今井完眞撮影 穴窯を焚いている風景

一番下の2つの画像: 今井完眞作 穴窯で焚いた作品2016-05-12 11.23.10

 

P.V 0963 (4)

Image above: “Taijitu # 1″ by Rupert Piggott, mixed media sculpture with rope, 2016

Here are beautiful new artworks by Rupert Piggott currently being exhibited at his solo exhibition in Barbados.

現在バルバドスの個展で展示中のルパート・ピゴットの美しい新作をご高覧ください。

DSC_4594 Image above: “P.V Construct 000936″ by Rupert Piggott, acrylic, perspex and mixed media on wood panel, 2016

DSC_4846

Image above: “SPACETIME” by Rupert Piggott, acrylic and mixed media on canvas, 2016

DSC_4855

Image above: “P.V Non – ID 0006391″ by Rupert Piggott, acrylic, resin and mixed media with gold leaf on perspex, 2016

Rupert Piggott’s works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Rupert-Piggott

ルパート・ピゴットの作品はhttp://www.mizenka.com/jp/artist/Rupert-Piggottでご高覧いただけます。

椿と蛇

こんにちは今井です。工房の桜も散ってしまい葉が出てきて少し緑色になってきました。裏山を歩いてみるとところどころトカゲがカサカサ音を立てながら逃げていきます。もう旬が終わりかけの椿にヘビが巻き付いてきれいだったので思わず写真に撮ってしまいました。

No7 W9 D16 H9.5 (2)No21 W9 D9 H13.5 (2)そろそろ5月の個展に近づいてきて来ました。だんだんと作品が完成してきてできた作品を眺めながら出来栄えを確認します。基本的に窯出しのときは思い通りに焼けていなくて落ち込みますし、最初はよくできたと思っていても時間が経つとそれほどよく見えなくなったりするので窯で焼いて思っていたよりよい作品になる場合はほんの少ししかありません。私に限らず作品制作をする人は作品をつくる“テクニック”と作品を作るための“眼”(審美眼)は同時には成長することはなくてテクニックと眼が交互に成長していると思います。No10 W8.5 D8.5 H6.5 (2)そしてほとんどの場合、眼の方が先行しているので完成した作品に満足できることがとても少ないNo15 W12 D12 H10と思います。そんな中でよくできたと思うものをDM用作品としてギャラリーに届け、ギャラリーのオーナーさんが更にその中から数点に絞って写真を撮ってDMになります。すでに今回の個展の作品はギャラリーに届けているのでどんなDMになるかはとても楽しみにしています。No13 W8.5 D8.5  H13

さて、今月の21日から広島の工房にある穴窯を焚いています。最近植物ばかり制作していましたが、久しぶりにカニを作っています。カニ制作途中ディテールの細かい植物を作っていたせいかカニの制作が以前より手際が良くなっていて自分でも驚きました。少しでも制作中に時間や体力のゆとりを持つことは作品のクオリティーを上げるためにとても大切だと思うのでこれから少しずつそういったゆとりを持てるようにならなくてはいけないと思います。

今回の穴窯焚きはできるだけ写真を多く撮って次回のブログでご紹介させていただこうと思います。

今井 完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

一番上の画像: 今井完眞撮影 椿と蛇
上から2番目の左画像: 今井完眞作「蕪」
上から2番目の右画像: 今井完眞作「茄子」
下から2番目の左画像: 今井完眞作「椿(花のみ)」
下から2番目の右画像: 今井完眞作「柿」
一番下の左画像: 今井完眞作「パプリカ」
一番下の右画像: 今井完眞作 制作途中の蟹作品
A-Quiet-Place
*Image above: “A Quiet Place″ by Craig Dandridge.
* クレイグ・ダンドリッジの「A Quiet Place」(上記画像)
*日本語の投稿は英語の後に続きます。

We have interviewed the photographer Craig Dandridge, who spoke with us about his recent works. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Craig-Dandridge

Q: Last time we spoke with you, you mentioned that you enjoyed shooting more images including people.  Has that tendency changed?

A: Since we last spoke, I would say that the ratio of my images is about 85% people to 15% landscapes (mostly urban landscapes, but a few gardens as well) and objects. I’m still thinking about deeper, more meaningful ways to capture the human form, and the use of reflection has, quite naturally, resurfaced in my works.

Q: Do you have any places you would like to visit for your photo shoots or specific images you would like to shoot this year, and if so, why?

A: Over the last year, I have been actively building online relationships with models, photographers and other artists in Taiwan and China in particular. I’m hoping to travel to Hong Kong and Taipei to shoot sometime soon. I am particularly interested in shooting under the neon lights of Hong Kong before they are completely replaced by LED lighting.

Q: How do you think your interpretation of photography has changed since the past year?

A: I think I’ve spent more time simply observing people around me this past year than I have in years. I think having spent about a month in California this year has inspired me to think a little more about how a place affects people, and people affect a place.

I’ve started to look more carefully for people and postures that seem to both capture a place and express that place as well. When it comes to people, simple examples of this idea might be fashion and hairstyles.

Q: What would you like the viewers to feel or absorb when they see your artworks?

A: As I’ve come to incorporate more human forms into my imagery, I hope people will be inspired to think about our sense of place in this modern world as expressed through posture and even physical proximity between people.

From fashion to smartphones, manmade “things” are changing the shape of our world as well as the ways we perceive our world. As they look at my images, I hope people will think about what their own perceptions might mean, about their own existence and what they value in life.

Evening-Fall
*Image above: “Evening Fall″ by Craig Dandridge. * クレイグ・ダンドリッジの「Evening Fall」(上記画像)

写真家のクレイグ・ダンドリッジさんにインタビューをし、最近の作品について語っていただきました。彼の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。http://www.mizenka.com/jp/artist/Craig-Dandridge

Q: 前回お話しをお伺いしたとき、人物などのイメージを撮影するのが楽しいとおっしゃっていましたが、その傾向は変わっていませんか。 

A: 前回お話ししてから、撮影しているのは人物が85%で、風景(主に都市の風景ですが、庭も撮影します)と物体が15%です。人間の形を更に奥深く有意義に捉える方法をまだ考え中で、その過程においてリフレクション(反射)が自然と作品に再浮上してきたのです。

Q: 今年ぜひ撮影で訪れたい場所や撮影したい特定のイメージはありますか。またそれはなぜですか。

A: 私は昨年から、特に台湾と中国のモデル、写真家や他のアーティストの方々とのオンラインの関係を構築しています。近々香港と台北へ撮影に訪れたいと願っています。特に、LEDに完全に差し替えられてしまう前に香港のネオンの下で撮影したいと思っています。 

Q: 昨年と比べ、写真に対するご自分の解釈がどのように変化してきたと思いますか。

A: 以前と比べ、昨年はもっと周りの人たちを単純に観察する時間を持ってきたと思います。今年は1ヶ月カリフォルニアに滞在したことで、場所が人にどのように影響を及ぼすのか、また人がどのように場所に影響を及ぼすのかをもっと考えるようになってきたと思います。

場所を捉え、かつ場所を表現するような、人と姿勢を探し求め、もっと注意深く周りを見るようになりました。人で言いますと、それを表現する単純な例として考えられるのはファッションや髪型でしょう。

Q: クレイグさんの作品を見た方には、何をどのように感じてほしいと思いますか。

A: 撮影するイメージに、人の形を更に反映させてきているので、 人の姿勢や、人との物理的近さを通して表現される現代の世の中における「場所」という観念について、更に考えるきっかけとなってくれればいいと思います。

ファッションからスマートフォンまで、人間が作り出したものは、世の中の動き、そして我々が世の中をどのように見るのかを変えてきています。私の作品を見ていただくことによって、ご自身のものの捉え方が何を意味するのか、ご自身の存在意義が何なのか、そして人生において何を大切に思うのかについて考えていただけたら嬉しいです。

Holy Box II

Image above: Holy Box Il, by Dorian Rex

Old ascending

Image above: Old ascending, by Dorian Rex

Here are some fascinating new artworks by Italian digital artist Dorian Rex. Her artworks brilliantly combine the unique features of ancient art and the digital features of contemporary art. Each of Dorian’s photo manipulations is one-of-a-kind with no copies produced. These important artworks are about light, new life, evolution and mystery. Dorian’s wishes to improve herself and her desire to be recognized by people are beautifully expressed in these artworks.

Mirror Rorrim

Image above: Mirror Rorrim, by Dorian Rex

イタリアのデジタル•アーティスト、ドリアン•レックスの魅力的な新作をご紹介します。彼女の作品は、古代美術のユニークな特徴と現代美術のデジタル的な特徴を見事に融合させています。各作品は大事に制作され、それぞれこの世に一つしか存在しません。これらの大切な新作は光、誕生、進化、神秘について語っています。また、自身を進化させたい、そして沢山の方々に作品を知っていただきたいというドリアンの想いが見事に表現されている作品となっています。

Holy Box

Image above: Holy Box, by Dorian Rex

青磁作品 花器こんにちは今井です。最近は前回のブログでもお話させていただいた陶と金属を組み合わせた花の作品を活けるための花器などを制作しています。花器には青磁釉を使っているので今回は青磁の作品についてお話いたします。

青磁作品 大香炉青磁は透明の釉薬の中に微量の鉄を加え還元焼成という焼成方法で焼く技法で青緑に発色します。この青磁は東洋陶磁独特のもので、もともとは窯の中で作品と薪の灰が化学反応しできる自然釉から始まったと言われています。中国の漢末三国時代には人為的に青磁の釉薬を作り焼かれていました。轆轤整形青磁は磁器の素地でできているものを“青磁”、陶土の素地でできているものを“青瓷”と区別します。私は陶土を使っているので厳密にいうと“青瓷”になります。私が陶芸に興味を持ったひとつの切掛けが青磁だったので造形の作品と並行して青磁も研究しています。轆轤整形 (2)

青磁作品の作り方

  • 轆轤や手びねりで形を作ります。
  • 乾燥させて一度800度で焼きます。これを素焼きと言います。
  • “ふのり”という海藻を鍋で1時間ほど煮てメッシュを通します。
  • 水で溶いておいた釉薬の水を捨て、代わりに“ふのり”を加えよくかき混ぜます。
  • 刷毛で作品に釉薬をかけて乾燥させ、また釉薬を塗り重ねます。これを何度も繰り返し釉薬の厚さを2~3ミリにします。
  • 約1250度で本焼きをします。このとき還元焼成といって、窯の中を酸素不足の状態にして焼きます。
  • 窯から出し完成です。貫入というヒビはこのあと徐々に増えていって美しい模様をつくりだします。

素焼きした後作り方を簡単にご紹介いたしました。このような工程で青磁は作りますが釉薬がはがれてしまうリスクがあり実際には殆ど失敗してしまいます。釉掛け釉薬の調合や陶土の吟味は専門に研究されている方でも思い通りにはいかないものだと思います。青瓷はそれだけ難しく完品はとても貴重です。私は青瓷の専門家ではありませんが少しずつでも良釉掛け 乾燥中い青瓷を作れるように研究をつづけていきます。

今井 完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

左上画像: 今井完眞作 花器作品

右上画像: 今井完眞作 大香炉作品

上から2番目の中央と右画像: 今井完眞による轆轤整形

下から2番目の左画像: 今井完眞作 素焼きした後の作品

下から2番目の右画像: 今井完眞作  作品への釉掛け

左下画像: 今井完眞作 作品の釉掛け乾燥中

緑アーティストの吉岡まさみさんに、最近の作品についてお伺いしました。2016年6月に銀座のSteps Galleryで開催される個展で、肖像画Blue「Secret Memory」シリーズのテープインスタレーションと合わせてウッドパネルの作品も展示するため、現在ウッドパネルの作品を制作中とのこと。ウッドパネルの色彩は、最終的に3層重ねて仕上げていきます。肖像画の木版画は珍しい作品で、20年前に彫ったものとのこと。これらの木版画は、Steps Galleryで2016年4月に開催される「Art Cocktail 2016」にて展示しま肖像画Redす。

We spoke with artist Masami Yoshioka regarding his recent works. He will be exhibiting a tape installation and 青wooden panel artworks from his “Secret Memory” series for his upcoming solo exhibition in June 2016 at Steps Gallery in Ginza, Tokyo. The colors for the wooden panel artworks will be finalized after ultimately applying three layers. The portrait wood-block printing hangas are rare; Yoshioka created them 20 years ago, and they will be exhibited at the “Art Cocktail 2016” exhibition at Steps Gallery in April 2016.

肖像画Green左上画像:吉岡まさみ作 制作中の「Secret Memory」シリーズのウッドパネル

右上画像: 吉岡まさみ作 「カミュ」1994年

中央左画像: 吉岡まさみ作 「寺山修司」1994年

中央右画像:吉岡まさみ作 制作中の「Secret Memory」シリーズのウッドパネル

左下画像:吉岡まさみ作「ショーペンハウアー」1994年

*吉岡まさみの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Masami-Yoshioka でご高覧いただけます。

*Masami Yoshioka’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Masami-Yoshioka

 

‘Vesuvius’, a film project by video artist Wojciech Tubaja, is in post-production. Here are two trailers from this project.

ビデオアーティスト、 ヴォイチェフ•ツバージャの新作「 Vesuvius 」は撮影が完了し、以下2つのビデオが予告編です。

Fascinated by Mount Vesuvius for a long time, Wojciech decided to take an emotional trip to this volcano. The ‘Vesuvius’ Project consists of two parts: ‘Careful with the Sun’, a short fiction film, which is a psychological study of a state between totalizing rationalism and uncertain emotionality, and ‘Vesuvius’, which is a documentary portrait of actress Tomoko Hayakawa, who also starred in Wojciech’s film ‘2903’.

*Wojciech Tubaja’s works can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Wojciech-Tubaja

*ヴォイチェフ•ツバージャの作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Wojciech-Tubaja でご高覧いただけます。

 

Sadamasa Imai flower 1

上記画像:今井完眞作  透光性のある土で作った花の作品

こんにちは陶芸の今井です。今回は最近の制作についてお話しさせて頂きます。

前回のブログでもお話しさせていたとおり今は花をモチーフに制作をしています。これだけ続けて花などの植物を制作したことはいままでありません。

私が蟹などの生き物を制作するときは必ず誇張して作る部分と、逆に省略する部分があります。たとえば蟹の場合は蟹の口の内側は通常中の構造まで見えることはありません。蟹が食事中の時か死んでしまったときは一番外側の手のような部分が開いて中側が見えています。このときに見ることができる口の内側をあえて作品にするときは見えるように外側の手のようなところの形を変えます。逆に足先はいろいろな細部の表情がありますが作品では簡略化してシンプルな形にします。このように実物の蟹の要素を自分の解釈でコントロールして人が作品を見たときに着目する場所をコントロールして私が思う“蟹らしさ”を見る人に伝わりやすくしています。これはもちろん蟹に限ったことではなくすべてのもので共通していることだと思います。この誇張と簡略化は常にバランスを変えて制作していて同じモチーフを何度も作ることによって良いバランスがつかめてくるものなので、最近花のバランスの取り方が少しずつわかってきています。

Sadamasa Imai flower 2

上記画像:今井完眞作  透光性のある土で作った花の作品

今回の花の特徴的なところは透光性のある土を用いているところで最近になって信楽で開発された新しい土です。これまでも透光性のある磁器土はありましたがそれにくらべてもすばらしい透光性です。主原料に光ファイバーが使われているそうです。個人の作家が研究してもなかなか作り出すことが難しい土だと思います。3㎜ぐらいの厚みなら十分光が透けますし、蕪や大根といった白いけれど少し透明感のあるモチーフには最適であると思います。ただものすごく成形が難しくモチモチしていて手にべたつきます。花など薄く繊細なものを作る場合は少し乾かしてから彫刻刀で彫りながら成形します。扱いにくい土でも工夫しながらつきあっていけたらなと思っています。

今井 完眞

*今井完眞の作品は http://www.mizenka.com/jp/artist/Sadamasa-Imai でご高覧いただけます。

*Sadamasa Imai’s artworks can be seen at http://www.mizenka.com/artist/Sadamasa-Imai

 

№212*Image above: “No. 212″ by Oleg Berezutskiy.

*オレグ・ベレズツキーの「No. 212」(上記画像)

*スマートフォン・携帯でご高覧の皆さま: 日本語の文章は英語の後に続きます。

№396_850

*Image above: “No. 396″ by Oleg Berezutskiy.

*オレグ・ベレズツキーの「No. 396」(上記画像)

We have interviewed the Russian painter Oleg Berezutskiy, who spoke to us about his recent artworks and goals. His works can be seen at: http://www.mizenka.com/artist/Oleg-Berezutskiy

Q: What kind of artworks are you currently working on?

A: I am currently working on the completion of a series that I started working on a few years ago. However, it was only recently that I reached a conceptual solution for this series.

Q: What materials are you using in your current artworks? Are the materials you are using new materials or materials you have used in the past?

A: In my current artworks, I use the same materials, that is, ink, watercolor and pencil.

Q: Are you working on a new series? What is the name of the series? How is it different from the previous series you worked on?

A: Yes, I started working on a new series. My new series, as well as my other series, have no names. This is because I would like the viewer to have no preconceptions when they view my artworks. In this new series, I use different materials, and the content is also different. I am using a dense grey cardboard and acrylic paint as a base. I decided to use these materials as a result of experimenting. It is difficult to explain the content of this new series because it is still in the works; the only thing that I can say is that it is more picturesque than my previous artworks.

Q: As the year-end is approaching, how do you think the year 2015 has been for you in terms of your art career and goals? What are your goals for 2016?

A: In 2015, I mainly completed the series I had already started working on. This year, I feel that I have experimented more compared to other years. For 2016, I have one goal: Just to create.

Q: Do you feel that your artwork style has changed over the years, and if so, why?

A: It is hard for me to judge whether my artwork style has changed over the years. I think that other people can see the change in my artwork style better than myself.

ロシアの画家 オレグ・ベレズツキーさんにインタビューしてみました。最近の作品のことや目標についてお話いただきました。彼の作品は以下のリンクでご高覧いただけます。 http://www.mizenka.com/jp/artist/Oleg-Berezutskiy

Q: 現在どのような作品を制作していますか。

A: 数年前に始めたシリーズの完成に向けて制作をしています。制作を始めたのは数年前ですが、このシリーズのコンセプトが決まったのは最近のことです。

Q: 現在制作している作品では、どのような素材を使っていますか。使っている素材は新しい素材ですか。それとも過去に使ったことのある素材ですか。

A: 現在制作している作品では、同じ素材を使っています。それは、インク、水彩と鉛筆です。

Q: 現在新しいシリーズに取り組んでいますか。そのシリーズは何という名前ですか。以前取り組んでいたシリーズとはどのように異なりますか。

A: 現在新しいシリーズに取り組んでいます。シリーズは新しいものと他のものも含め、名前はありません。なぜなら、私の作品を観ていただく方々には、何の先入観も持たずに観ていただきたいからです。新しいシリーズでは、以前と異なった素材を使っていますし、内容も異なります。素材としては、グレーの厚紙とアクリルをベースとして使っています。これらの素材は色々と試した結果、使うことにしました。この新しいシリーズはまだ制作中なので、内容を説明するのは難しいですが、一つ言えることとしては、私の以前の作品に比べて、よりピクチャレスクな作品となっています。

Q: 年の瀬が近づいていますが、2015年はオレグさんにとって、制作や目標という観点からみて、どのような一年でしたか。また、2016年の目標は何ですか。

A: 2015年は、制作中のシリーズを完成させたのが主な成果です。また、今年は、他の年に比べて、制作の過程で色々と試しながら制作することができたと感じます。2016年の目標は一つです:制作すること。

Q: 作品の作風が時の流れとともに変化したと感じますか。また、その理由は何ですか。

A: 作品の作風が変化したかどうかについては、自分では判断しにくいです。なぜなら、自分自身よりも、私の作品を観ていただく方々の方がその変化をより感じることができると思うからです。