Bera
by ヴォイチェフ・ツバージャ

Bera by ヴォイチェフ・ツバージャ

2012年
ビデオ

ヴォイチェフはこの作品についてこう語ります:「ほんの一瞬、印象。海を背景に女性を描いた。それ以上何もない。」逆光のため、ベラの顔は暗闇に覆われてほとんど見えませんが、時折見られる光の揺らぎによって彼女の表情が伺えます。ベラの落ち着いた眼差しと同様、背景は本物とは思えず、まるで仕組まれた場面のようです。この作品は、一瞬という時間を美化し、通常ならシンプルで、はかない印象を長く保ってくれるのです。

「太陽が照り、そよ風が少し吹き、水面は生き生きと流れていた。彼女の太ももの擦り傷に気づいて、どうしたのかと聞いた。スグリの実を取っていたの、と彼女は言った。もう望みはない、これ以上続けることは無意味だ、と再び伝えた。彼女は目を開かずにうなずいた。こっちを見てほしいと言って少し経ったらー少し経ったらこっちを向いてくれたが、眩しすぎる太陽のせいで彼女は目を細めていた。影をつくるために身を屈めたら、目が開いた。入れてくれ。 」 1957年 “Krapp’s Last Tape” より、Samuel Beckett