Emilia
by ヴォイチェフ・ツバージャ

Emilia by ヴォイチェフ・ツバージャ

2011年
ビデオ

ヴォイチェフは、歴史や大衆文化をよく参考に取り入れて、登場人物の感情との類似点を引き出します。この作品の登場人物であるエミリアの情緒不安定で極端な感情を描くため、発作的な状態にある彼女の体を19世紀のフランスの神経学者、ジャン=マルタン・シャルコーによる写真の切り抜きを枠に通して見せるのです。シャルコーはヒステリー状態にある女性の写真を撮影していたことで知られています。ヴォイチェフが使う写真の切り抜きは、エミリアのような、苦悩の中ヒステリー状態にある女性を代表して表現しています。エミリアの執拗な反復動作と、彼女の私的空間へと介入する写真の切り抜きは、観る者を、彼女の感情の親密さと激しさを観察する観客へと変身させてくれます。