アーメット・オーズカンは、豊かな想像から生まれる生き物を複雑に描いたイラストと絵画を制作しています。それはときとして、ダークでユーモアあふれるものであり、また鮮やかでグロテスクなのです。彼の作品は現実と非現実との強烈な対話、それは厳密にいえば、現実と超現実との強烈な対話を反映しています。彼の型破りなスタイルと好奇心あふれる題材は、見事に我々の期待に挑み、彼の作品に、言葉では言い表せないけれども新鮮でオリジナルかつユニバーサルな特徴をもたらしてくれます。

オーズカンは、紙、キャンバス、布、セラミック、木、写真プリントおよびデジタルといった様々な媒体を使用して作品を制作しています。あらゆる材料を使用することによって、彼は作品に多様性をもたらし、彼が引き寄せられるアイディアやフィーリングを最も反映する媒体で作品のキャラクターや題材を表現しようとするのです。オーズカンの作品を形づくるテーマは、超現実の生き物、神話、ホラー映画や夢の世界を含みます。彼のイラスト、絵画、写真および他の作品は日常的な陳腐を否定し、代わりに紙、キャンバスや他の媒体に感情と命を吹き込みます。彼の作品はアブストラクトでありながら、ありがちな物体の形状や描写スタイルにチャレンジし、シャープな色彩、影と広がりを見事に表現しています。

オーズカンはメルスィン、トルコで生まれ、トルコやヨーロッパで数々のグループ展と個展を開催してきました。今日トルコで最も革新的な若手アーティストの一人であると考えられています。2014年1月には、アメリカでの初めての個展を開催しました。

2010年   グループ展「Local Illustrators 02」Mtaar、イスタンブール、トルコ
2010年「8th Korea-Turkey Exchange Exhibition」イスタンブール、トルコ
2011年 グループ写真展「Not Included」 メルスィン、トルコ
2012年 個展「House of Dreams」 Edisyon、イスタンブール、トルコ
2012年 個展「A Monster’s Room」Hush Galery、イスタンブール、トルコ
2012年 グループ展「Same Language」Mitte Barcelona、バルセロナ、スペイン
2012年 グループ展「İkametgah Kadıköy 02」イスタンブール、トルコ
2013年 グループ展「Spring Collective」 Artnext Gallery、イスタンブール、トルコ
2013年 グループ展「Entropy」Artnext Gallery、イスタンブール、トルコ
2013年   グループ展 「Stories From Our People」Halka Art Project、
     イスタンブール、トルコ
2014年 個展「The Habitat of Monsters」Le Snoot、ジョージア、アメリカ
2014年 コンテスト展覧会「Stoyoyoke In Brazil」Confraria Club、ブラジル
2014年 展覧会 Ritter Butzke、ベルリン、ドイツ
2014 年 展覧会「The CharacterSelfie Project」The Pictoplasma Portrait Gallery、
      ベルリン、ドイツ
2014年、2015年 展覧会「The CharacterSelfie Project」Museum for Contemporary Art
        MARCO 、モンテレイ、メキシコ
2015年 グループ展 「 Mediterranean Salt」Urban Spree、ベルリン、ドイツ
2015年  個展「Habitat」Torun、アンカラ、トルコ