吉岡まさみは30年に渡り、分野にとらわれずにアブストラクトと具象表現を探索し、その結果生み出される絵画やインスタレーションを制作してきました。彼は質感、色彩と空間を生かし、特定の表現にこだわらず、時間・意識の概念に対する独特なアプローチが特徴づけるユニークな作品を作り出しています。

吉岡は1982年からテープ・インスタレーションを始めました。そのインスタレーションは、重なるテープを斜め、垂直、そして水平といったあらゆる方向に伸ばし、光と影のみを頼りとする複雑な構造をもたらしています。それにより、二次元の作品から三次元の世界が体験できる見事なアートが生まれるのです。彼のインスタレーションは、驚くべき調和と創造力によって、周囲の物理的空間を取り込んでしまう魅力にあふれています。同様に、新鮮なアブストラクト表現とユニークな創造力によって描かれる吉岡の絵画も、高く評価されています。

吉岡は2011年に銀座でSteps Galleryをオープンし、彼のように現代美術について自らのユニークな視点を表現するベテランから若手アーティストの様々な作品を展示しています。
吉岡の作品は東京都美術館や韓国の大清湖美術館(ともに2008年)等、国内外の著名なアート・スペースで展示されています。
また彼の作品は、山形美術館や韓国のシェマ・アートミュージアム等、国内外の大手美術館のコレクションとして収蔵されています。吉岡は、東京、ニューヨーク、ドイツ、フランス、韓国や他の著名な国際舞台で作品を展示しており、世界で活躍するアーティストです。
1956 山形県生まれ
1981 東京学芸大学教育学部美術科卒業

【主な個展】
1982 かねこ・あーとGI[83.88](東京)
1984 ときわ画廊[86.88.91.98](東京)、ルミエール画廊(山形)
1993 かねこ・あーとギャラリー[94.97.00](東京)
1995 巷房[98.01](東京)
1996 ぎゃるり葦(山形)
1999「メディスンウーマン」写真展/巷房(東京)
2000 ギャラリー睦(千葉)
2003 SOL(東京)
2004 巷房(東京)
2005 ギャラリー睦(千葉)、ギャラリーf分の1(東京)
     ぎゃるり葦(山形)
2006「メディスンウーマン」写真展/PIGA画廊(東京)、SOL(東京)
2007 巷房(東京)、CealumGallery(ニューヨーク)
2010 CealumGallery(ニューヨーク)、巷房(東京)
2011 ギャラリー睦(千葉)
2012 Gallery 58 + Steps Gallery(東京)
2013 EISFABRIK(ハノーファー/ドイツ)
     Caelum Gallery(ニューヨーク)
2014「The Secret Memory」Mizenka Gallery(東京)

【主なグループ展】
1985 クロッシング‘85(かねこ・あーとギャラリー・東京)
1986 未在(世田谷美術館・東京)、希望の森の秋‘89(福島)
1990 Landscape inいわき(福島)、仮想モニュメント‘90(かねこ・あーとGI・東京)
1991 名栗湖野外美術展(埼玉)、国際インパクトアートフェスティバル‘91(京都市美術館・京都)、瀧沢アートフィールド’91(岩手)
1993 都市環境アートフェア(ディリパギャラリー・京都)
1995 新世代の小品展(かねこ・あーとギャラリー・東京)、名栗湖野外美術展(埼玉)
1996 セレクション展(かねこ・あーとギャラリー・東京)、子午線‘96(福島)
1997 名栗湖野外美術展(埼玉)、芝山国際野外アート展(千葉)
     セレクション展(かねこ・あーとギャラリー・東京)
1998 臨界域(船橋市民ギャラリー・千葉)、ARTS CONTEMPORAINS JAPONAIS(リヨン・フランス)
1999 Nortern Exposure New Art From Japan (サンノゼコンテンポラトギャラリー/フレイドドアギャラリー/アデライドグローバルギャラリー・USA)
     それぞれの(写真)-解釈と表現 吉岡まさみ+谷津栄紀二人展 オレンジジュース(萌画廊・東京)
     CHEJU INTERNATIONAL ISLAND ART EXHIBITION(韓国)
     TAMAVIVANT‘99(多摩美術大学・東京)
2000 小樽現代美術交流展2000(市立小樽美術館市民ギャラリー・小樽)
     千葉アートフラッシュ(市民ギャラリーいなげ・千葉)
2001「それぞれの物語」(船橋市民ギャラリー・千葉)
2002 ArtCocktail2002(ギャラリー&スペースAGITT・東京)
     Pacific Rim Art Now‘03 プロローグ展(コンチネンタルギャラリー・札幌)
     Pacific Rim Art Now‘03(市立小樽美術館市民ギャラリー・小樽)
     マイカメラ・マイスタイル・マイフォト展(アートスペース嵯峨・京都)
     ArtCocktail2003(山脇ギャラリー・東京)
2004 Pacific Rim Art Now; japan/usa (works、サンノゼ・USA)、 Petit SOL    (GALLERIE SOL・東京)
     マイカメラ・マイスタイル・マイフォト展(アートスペース嵯峨・京都)
2005 ArtCocktail2005(山脇ギャラリー・東京)
     春風ながさきよりVII(長崎ブリックホールギャラリー・長崎)
    「生まれるイメージ」(山形美術館)
2006 ArtCocktail2006(笠間市・茨城県)、マイカメラ・マイスタイル・マイフォト展(アートスペース嵯峨・京都)
2007「五感アートラボ:共感覚の森」(宮城県美術館県民ギャラリー)
2008「相互浸蝕・inter infiltration」宇野和幸・吉岡まさみ二人展(巷房・東京)
             「独り、+35人の原風景」(東京都美術館)
        「TAMA VIVANTⅡ2008  イメージの種子」(多摩美術大学)
        「東亜細亜3国当代現代美術家展―青州2008」(大清湖美術館・韓国)
2009 春風ながさきよりⅩ(長崎ブリックホールギャラリー・長崎)
              ArtCocktail2009(笠間市・茨城県)
2010 美術の地上戦ーOVER TONE Ⅱ(神奈川県民ホールギャラリー・横浜)
              「東亜細亜3国当代現代美術家展―青州2010」(シェマ・アートミュージアム・韓国)
2011 「不期而遇-BUMP INTO」 (四面空間画廊・北京)
2013 「北京遭遇」(Steps Gallery・東京)
2014 「Triple Chat」(Steps Gallery・東京)

【ワークショップ】
2005 「テーピングでつくる」(東京学芸大学)主催・東京都多摩地区図画工作教育研究会
2011 「レッツ・インスタレーション」、「展示のコツ」(府中市立若松小学校)主催・東京都多摩地区図画工作教育研究会

【主な収蔵先】
山形美術館(山形)
シェマ・アートミュージアム(韓国)
塩川八幡ヒルズクリニック(静岡市)