ヴォイチェフ•ツバージャの短編映画は、現代人の感情、思いと関係を探検するものであり、その物語はパフォーマンスの創作と描かれる人物の感情の現実性にフォーカスしています。この対極的なスタイルは衝撃的な効果をもたらし、映画が、描写する現実から観る者を引き離すものであるという概念に挑むのです。
ヴォイチェフは映画、演劇、ビデオ•アートといったあらゆるアートを融合させ、極めて現実的な物語に基づいた演劇を制作しています。彼は、登場人物の人生の一場面、大衆文化または彼自身の想像を再現することによってプロ•アマチュアの俳優の実体験に介入し、ドラマチックな演技をビデオに録画しています。それによって登場人物の感情描写を効率的に築き上げているのです。短編映画は演劇形式で発表されるので、一人一人の実体験をよりリアルに伝えるために、長さ、空間、そして何よりも反復性といったフォーマルな要素を自由自在に操作することができます。ヴォイチェフは、登場人物が演技できる非日常的•人工的な環境を作り上げるために、歴史と大衆文化をよく参考に取り入れています。彼は「ユニークなものは存在しない。すべての物事は反復される:感情、人物、言葉。」という考えのもと、常に創作する各物語との間に類似点を生み出しています。
ヴォイチェフは登場人物と交流する過程で、自画像となるような作品を制作しています。作品の自叙伝的な側面が感情の真実に疑いもない真実味を露呈します。彼は映画の中の真実と日常の現実を区別しないので、映画という媒体を駆使して彼が信じる物事の本当の意味を、観る者にヒントとして与えてくれます。
ヴォイチェフはポーランド・バルルビエ生まれで、ポズナンの University of Artsと ワルシャワのAcademy of Fine Artsで学び、2012年にMFAを取得しました。現在ワルシャワに在住し、数々の展覧会に参加しています。

展覧会:
2014 - BWA Gallery, ジェロナ・グラ, ポーランド - ‘Those Who Love Me Can Take the Train and Arrive in Zielona G.ra‘
2014 - Polish Theatre, ワルシャワ, ポーランド, 'Emilia'
2013 - BWA Gallery, タルヌフ, ポーランド, ArtFest 2013 Festival, 'Portrait'
2011 - Academy of Fine Arts, ワルシャワ, ポーランド - 'Monika Szydłowska'
2011 - Fundacja Bęc Zmiana, ワルシャワ, ポーランド - 'Bęc! Kolekcja', the first presentation of the collection of the Fundacja Nowej Kultury Bęc Zmiana
2011 - Pracownia Duży Pok.j, ワルシャワ, ポーランド - 'Warszawę oskarżam!'
2010 - Galeria Rotunda, ポズナン, ポーランド, 'Szydłowska-Tubaja'

その他の功績:
2014 - 映画 'Portrait' の監督 – www.portret-film.com
2012 - BMW ART TRANSFORMYにてワークショップに参加•選外佳作。